Posts Tagged “プログラム”

地下鉄の「PM2・5」は地上の5倍

By |

地下鉄の「PM2・5」は地上の5倍

目に見えないPM2.5は、知らず知らずのうちに環境を汚染している。 それが身近なところにあれば、長期的に健康被害にもつながる。 地下鉄内のPM2.5が、地上の5倍という報告。 ぜんそく原因「PM2・5」地下鉄は地上の5倍…

WordPressの自動整形をOFFにするプラグイン「Don’t Muck My Markup」

By |

WordPressの自動整形をOFFにするプラグイン「Don’t Muck My Markup」

WordPressの便利な……というより、おおきなお世話の機能に、自動整形がある。 便利なこともあるが、勝手に変換されて困ることもある。 それをページ単位で任意に無効にできるプラグインが、「Don’t Muc…

コインチェック事件の犯人は、リアルマネーに換金できるか?

By |

コインチェック事件のその後は、NEMがどこにあるかは追跡されているものの、どうやって取り戻すかまでは至っていない様子。 口座は特定できても、匿名性のために誰の口座かはわからないという。 NEMのままでは、犯人にとっても儲…

バーチャルアナウンサー「沢村碧」はブレイクするか?

By |

バーチャルアナウンサー「沢村碧」はブレイクするか?

新たなバーチャルキャラクターが、TV等の映像メディアに登場した。 何年かごとに、このような試みが行われてきたが、いまだ成功した事例がない。 「杏梨ルネ」が登場したのが2012年だったので、5年ぶりの新人だ(^_^)。 バ…

「サイバー反撃」は可能か?

By |

「サイバー反撃」は可能か?

いまさら感がないでもないが、サイバー攻撃に対して「反撃」することを、政府が考え始めたようだ。 ただ、問題は「反撃」が技術的に可能なのかどうかではないだろうか? 政府、「サイバー反撃」可能へ法整備検討 TBS NEWS  …

人工知能の歴史をおさらいできる記事

By |

人工知能(AI)について、様々な可能性が論じられている。 少々加熱しすぎの気もするが、AIがなんでもできるという誤解や、幻想も少なくない。 私のブログでも度々取り上げているが、現状のAIにも限界はある。 AIの未来を展望…

AIには意識を獲得するためのパーツがない

By |

 私のブログの過去記事でも書いてきたが、現在のAI(人工知能)は「人工知能」の呼ぶのが間違っている。性能が向上したコンピュータのリソースを膨大に使って、膨大な計算をしているにすぎない。そこにあるのは知能ではなく、適切と思…

野良ロボットは参政権要求をするか?

By |

野良ロボットは参政権要求をするか?

AIやロボット関連の話題が多くなった昨今。 人間に反乱するAIやロボットを、真面目に想定する人たちもいるのだが…… 徒党を組む〝野良ロボット〟が参政権要求、振り込め詐欺、人間に反乱…AIのリスク総務省研究所が報告 &#8…

AIが“ひらめき”を獲得するのはいつ?

By |

AIが“ひらめき”を獲得するのはいつ?

AI関連のコラム。 この記事は、私が思っていることに近かった。 記者の眼 – 人工知能がデザイン思考すると、人間は居場所や逃げ場所を失う:ITpro  そもそも私は、AIについては過小評価することにしている。…

今と未来の新語のいろいろ

By |

今と未来の新語のいろいろ

「未来の気候予測は間違いだらけ?」に続いて、「未来」の話。 未来といっても、現在進行形を含む近未来。 新しいテクノロジーや新しい価値観が次々と生まれるため、それに対する新しい単語も出てくる。 いわゆる「新語」 新語は廃れ…

Go Top
Copied!