股下85センチは本当なのか?

LINEで送る
Pocket

 前にも似たようなを取り上げたが……。
 股下85センチというモデルなのだが、写真を見た限り、ちょっと盛ってるかなと思った。たぶん、股下の測り方が違っているように思う。

「股下85センチ」で話題の19歳・藤川らるむ、見えそうなギリギリ超ミニの脚長っぷり騒然…「めちゃくちゃ可愛い」 : スポーツ報知

藤川は168センチ、股下85センチの抜群スタイルを武器に人気急上昇中。2日には「GINZA」とつづり、白いツイードのジャケットに、同素材のミニ丈スカートのコーデを掲載。ファンから「キレカワなお姉さんですね 魅力的な目にガン見してしまいます」「目立つやろ 完璧なスタイル」「めちゃくちゃ可愛いです」などの声が寄せられた。

 「股下」というのは、文字通り足と胴体の接合部である股から下のことだ。
 股下比率というのがあり、

(股下÷身長)✕100=股下比率

 この計算式で求められる。
 日本人の場合、股下比率のは、男性が45%、女性が44%となっている。欧米人は若干高くて、46〜47%、長さにして同身長で3〜5cmほど長い。また、平均身長も高くなる傾向がある。
 足が長いといわれる欧米人でも、股下比率は50%に満たない。

 ところが彼女の股下比率は、なんと50.6%になっている。
 これはちょっとあり得ないかな。
 欧米人並みのスタイルだとしたら、股下が85cmになるには、身長が少なくとも180cm以上は必要になる。

 股下比率の比較図を、モデルで作ってみた。身長は168cmに設定した。撮影レンズは60mm相当で、カメラの位置は人物のヘソの高さにしてある。

股下比率の比較

股下比率の比較

 左が日本人女性の平均的股下比率で、右が股下比率50%の場合。
 ごらんのように、股下比率50%は、スタイルとしてバランスが少々いびつになる。上半身には各種内臓が収められているわけだが、そのスペースが狭くなり、窮屈になってしまう。これでは先天的疾患を抱えることが危惧される。

 藤川らるむさんのインスタを拝見したが、足が長めなのはだが、股下比率50%には見えないよ。ほかの女性と一緒に撮影しているのがあったが、隣の女性と顕著は差はなさそうだった。

 以前の例の場合も、股下ではなく腰下のサイズを「股下」と表記していた。足の長さということでは、腰の骨の出っ張り(腸骨稜)から下が見た目の足の始まりなので、そこを起点とすれば身長168cmの半分に相当する85cmという表現はできる。

 また、彼女は立ち姿のときには、ソールの厚い靴やヒールのある靴を履いているので、その分だけ股下は長く見える。
 さらに距離の短いレンズ(カメラの50mm以下)だと、レンズの歪みでが誇張されるので、ローアングルで撮影すると足が長く見える。それと呼応して、足先(靴を履いている部分)が大きく見えているのは、レンズの歪みのためだ。

 じつは、私は足が長くて、股下は85cmある(^_^)。身長は182cmなので、股下比率は46.7%だ。欧米人サイズではあるが、日本人の平均より1.7%の差でしかない。それでも足が長く見えるからなものだ。

 彼女の身長168cmで平均より6%も股下比率が長いというのは、ちょっと信じられないね。

(Visited 785 times, 6 visits today)