「タバコの煙」 vs 「車の排気ガス」、どっちがより有害か?


とあるニュース記事から、疑問に思ったので調べていたネタ。

「タバコの煙」 と 「車の排気ガス」は、どっちがより有害か?

Yahoo!知恵袋に、同様の質問があり、以下のような解答がされていた。

下記のリンクにある実験では、「エコディーゼル車を室内で30分アイドリングした場合」と「タバコを室内で30分燃やし続けた場合」を比較した結果、タバコのケースの方では粉塵濃度がエコディーゼル車のケースの10倍になったようです。
http://tobaccocontrol.bmj.com/content/13/3/219.abstract

この実験は、条件がタバコにとって不利だと思うね。
第一に、タバコを30分も吸い続けることは、普通はしない。
第二に、車1台を室内でアイドリングさせることはない。そもそもなぜエコディーゼルなのだ?
条件を同じにしているようで、非現実的な実験ではないか。
この実験室内(6〜8畳を仮定)に人がいたら、車の場合は一酸化炭素中毒で死ぬ。そのことを考慮に入れないのは不自然。

交通量の多い交差点を想定しよう。渋谷のスクランブル交差点だと、4〜7車線あるから、車用の信号が全部赤になると、普通乗用車から大型トラックまで、50〜100台くらいが溜まる計算になる。
信号停車が1分と仮定すると、少なく見積もって50台分の排気ガスが交差点に漂うことになる。
この場所、交差点のど真ん中でもいいが、喫煙者を1人立たせた場合、排気ガスとタバコの煙はどちらの量が多くなるだろうか?
喫煙者が1人では少ない?……では、5人、10人と人数を増やして、1分間の量を測定しよう。
そういう実験があるか?
残念ながら、ないんだよね。

1500ccのエンジンで、アイドリング時1000rpmとすると、1分間で750㎤の排気ガスが出る。
750㎤×50台=37,500㎤
と、1分間の排気ガスの総量。

1 回の呼吸で肺から出される空気流は、約 0.1 リットル/秒だという。1 分間に約 20 回の呼吸(5 秒に 1 回) だと、1分の空気流は2リットルということになる。このペースで、せっせとタバコの煙を吐く。しかし、こんなにせわしくプカプカは現実的ではないが、MAXの場合だ。
2リットル=2,000㎤
10人いても、2リットル×10人=20リットル=20,000㎤

量としては、排気ガスの方が圧倒的。
実験するのなら、このようなリアルな環境を想定しないと、比較するのに適切じゃない。

現実的な条件では、車の排気ガスの方が量は多い。そもそも大気汚染のスモッグを発生させるほど、大量の車から大量の排気ガスが出ているわけで、物量的に車の方が圧倒的じゃないか?

次の問題は、成分だ。
タバコの煙も排気ガスも、有害な成分を含んでいるが、その比較。

 

以下、「たばこの諸問題」より


平成12年排出ガス規制

走行モード ガス成分 発生量 発生量/分
10・15モード排出ガス(g/km) 一酸化炭素(CO) 1.27g 0.462g
炭化水素(HC) 0.17g 0.062g
窒素酸化物(NOx) 0.17g 0.062g
11モード排出ガス(g/test) 一酸化炭素(CO) 31.1g 3.89g
炭化水素(HC) 4.40g 0.550g
窒素酸化物(NOx) 2.50g 0.313g
アイドリング時の排出ガス濃度 一酸化炭素(CO) 0.01g  
炭化水素(HC) 300ppm  

【用語説明】

一酸化炭素(CO) 無色、無臭、水に難溶の気体。大気中濃度 0.15~0.20%で吐き気が激しくなり、意識を失う。0.40%の場 合短時間でも吸引すれば生命が危険になる。1%を超えると6~7分で絶命 する。
炭化水素(HC) 炭素と水素からできている化合物の総称。神経系や肝臓障害 をひきおこすため、「労働安全衛生法」で管理体制等が定められている。大 気中で拡散した炭化水素は、強い紫外線を受けてオキシダントを生成し、人 体や植物に害を与える。
窒素酸化物(Nox) 刺激性があり、汚染が激しい地域で生活していると呼吸器障 害を起こすといわれている。酸性雨の原因物質の一つでもある。
10・ 15モードテスト
主に都心部での走行をシャシダイナモ上で再現し排出 ガスを測定する方法。10及び15の走行パターン(アイドル、加速、 減速等)を組み合わせたもの。
所要時間:660秒 走行距離:約4km 平均速 度:22.7km/h 最高速度:70km/h
11 モードテスト
郊外から都心部に向かう車の走行状態を11のパター ンにしてシャシダイナモ上で再現し排出ガスを測定するもの。コールド スタートによりテストする。
所要時間:480秒 走行距離:約3.2km 平均 速度:30.6km/h 最高速度:60km/h
ppm 一定の空間あるいは容積内に、検証したい気体等がどのくら い含まれているかを100万分の1の値で示す濃度の単位。

引用:日本外国自動車輸入整備協同合組

マイルドセブン・スーパーライトの副流煙
条件: 8.75(回/本) 1回60秒

成     分 発生量/本 発生量/分 発生量/分(g単位)
一酸化炭素 45.5mg 5.20mg 0.00520g
水分 2.26mg 0.258mg 0.000258g
ニコチン 総計 4.48mg 0.512mg 0.000512g
タール 総計 21.7mg 2.48mg 0.00248g
カルボニル類 ホルムアルデヒド 423μg 48.3μg 0.0000483g
アセトアルデヒド 1789μg 204.5μg 0.0002045g
アセトン 1023μg 116.9μg 0.0001169g
アクロレイン 314μg 35.9μg 0.0000359g
プロピオンアルデヒド 185μg 21.1μg 0.0000211g
クロトンアルデヒド 62.7μg 7.17μg 0.00000717g
MEK 210μg 24.0μg 0.0000240g
ブチルアルデヒド 121μg 13.8μg 0.0000138g
ベンゾピレン 112ng 12.8ng 0.0000000128g
窒素酸化物 NO 2030μg 232μg 0.000232g
NOx 71μmol 8.1μmol 0.0000081mol
シアン化水素 130μg 14.9μg 0.0000149g
アンモニア 6923μg 791.2μg 0.0007912g
有機化合物 1,3-ブタジエン 376μg 43.0μg 0.0000430g
イソプレン 2516μg 287.5μg 0.0002875g
アクリロニトリル 104μg 11.9μg 0.0000119g
ベンゼン 303μg 34.6μg 0.0000346g
トルエン 618μg 70.6μg 0.0000706g
ニトロソアミン類 NNN 79.7ng 9.11ng 0.00000000911g
NAT 42.8ng 4.89ng 0.00000000489g
NAB 9.37ng 1.071ng 0.000000001071g
NNK 110ng 12.6ng 0.0000000126g

……と、数字だけではわかりにくいかもしれないが、ようするに排気ガスはg(グラム)単位であるのに対して、タバコはmg(ミリグラム)、μg(マイクログラム)単位で、桁が違う。
有害物質の量も、排気ガスの方が多い。それは車のマフラーから出てくる排気ガスを見れば、感覚的にもわかる。特に、大型トラックの黒い排気ガスなんかは、タバコの比じゃない。

リスク評価の例として、タバコの害を説明する場合に、必ずといっていいほど出されるデータがある。
10万人あたりの生涯のリスク」というやつだ。

10万人あたりの生涯リスク

この数字があちこちに引用され、一人歩きしていて、この数字の算出の元となった調査方法やデータの分析方法については、まったく触れられていない。
10万人中、5万人が喫煙で早死にする???
よくよく考えてみたら、これはとんでもない数字だ。こんなに死亡率が高いのに、喫煙率の高い日本の平均寿命は世界一だったりする。この矛盾はなに?→(追記)

調べてみると、別のデータもあった。

厚生省保健医療局地域保険・健康増進栄養課
たばこの依存性と有害性

種々の活動における推定リスク

種々の活動における推定リスク

右列にあるのは、前述の「10万人あたりの生涯のリスク」のデータ。
左列は、アメリカにおけるデータ。こちらは年間死亡リスクではあるが、能動喫煙がトップなのは同じだが、受動喫煙が飲酒や交通事故よりも少なくなっている。

古いデータなので、現在は喫煙者が減っているとは思う。
死因を特定するのに、喫煙が主因だと断定できるケースが、どれほどあるのか?
排気ガスと受動喫煙を死因から区別できるんだろうか?
単純な比較はできないものの、データの根拠に疑問符がつく資料ではある。

かといって、喫煙を擁護しているわけではない。
タバコは吸わないにこしたことはない。
ただ、闇雲にタバコの悪を強調する一方で、排気ガスのリスクはあまりいわれないことに疑問を感じる。禁煙や分煙が浸透してきて、受動喫煙で煙を吸うことは少なくなったかもしれないが、車の排気ガスは毎日気づかずに吸っている。都会に住んでいれば、なおさらだ。

タバコには敏感なのに、排気ガスには鈍感というのは、偏ったリスク感覚なのではないだろうか?


(追記)
10万人中、5万人が早死にする場合についての、考察。

早死にというのが、何歳までに死ぬのかの定義がされていない。
日本人の平均寿命は2016年調査で、女性87.14歳、男性80.98歳となっている。男女を合わせた平均は、約84歳。

早死にを60歳と仮定すると、平均寿命84歳を達成するためには……
長生きする5万人が、108歳まで生きなくては達成できない。

早死にを70歳と仮定すると、平均寿命84歳を達成するためには……
長生きする5万人が、98歳まで生きなくては達成できない。

このように考えると、早死率50%というデータが、怪しいデータに思えてくる。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア