Archive“ロボット・AI” カテゴリ:

ロボット従業員の半数を“リストラ”したホテル

By |

ロボット従業員の半数を“リストラ”したホテル

人間の代わりにロボットを使う試みは、接客業ではかなり難しいようだ。 Pepperに代表されるコミュニケーション・ロボットは、会話が成立する場合と、とんちんかんな返答をする場合があり、おしゃべりするオウムレベルだったりする…

お笑いロボットはあり?

By |

お笑いロボットはあり?

ロボットとAIの活用法は、いまだ迷走している感じで、あれこれとチャレンジしている状況。 AIもしくはアンドロイドのアナウンサーは、どれもいまいちで、実験にはなっているとは思うが、成果を上げているとはいいがたい。 今度は、…

人工知能「AlphaZero」が見る未来は?

By |

人工知能「AlphaZero」が見る未来は?

AI関連の話題をもう1本。 チェス、将棋、囲碁に関しては、AIが人間を凌駕した。 ただし、それはかなりズルをしての勝利ではある。格闘技系のスポーツに例えるなら、無差別級の対戦で、しかも桁違いにデカイ相手としてのAIだった…

政府がAIの7原則…果たして有効か?

By |

政府がAIの7原則…果たして有効か?

AIを巡る様々な思惑や動向は、どこか胡散臭いものが背景に漂っている気がする。 騒ぎすぎというか、誇大妄想過ぎなんだよね。 いまできていることと、将来できるであろうことがごっちゃまぜになっているからだ。 で、ロボット三原則…

グーグル、ロボット開発から撤退?

By |

グーグル、ロボット開発から撤退?

人型ロボットは、儲からないのかもしれない。 ロボット開発に積極的だったGoogleが、ロボットから手を引くらしい。 儲からない部門は、躊躇なく切り捨てていくのがGoogle式。 ロボットブームの一時的な終焉か? グーグル…

ロボットを必要以上に擬人化してはいけない

By |

ロボットを必要以上に擬人化してはいけない

AIブームは熱狂から沈静化して、やや飽きられるフェーズに入ったようだ。 物珍しさが先行して、現実には完成していない未来のAIのイメージが喧伝された結果でもある。 「なんだ、AIってその程度なのか」という失望感すら漂ってい…

飽きられたPepper、8割超が“もう要らない”

By |

飽きられたPepper、8割超が“もう要らない”

Pepperが登場したのは2014年。一般販売が開始されたのは2015年。 それから3年あまり。 もう飽きられてしまったようだ。 ペッパー君さようなら 8割超が“もう要らない” (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot…

「世界から3周遅れ。日本にAI研究者がいない理由」の理由

By |

「世界から3周遅れ。日本にAI研究者がいない理由」の理由

AI関連の記事なのだが、ちょっとピントがずれているところが、“理由”の理由だったりもする。 内容がアバウトで薄すぎるから、ますます変な誤解が浸透してしまいそう。 田原総一朗「世界から3周遅れ。日本にAI研究者がいない理由…

子ども型アンドロイド「イブキ」が不気味

By |

子ども型アンドロイド「イブキ」が不気味

人型ロボットをアンドロイドというが、リアルに人間に似せようとすると不気味になってしまう。 ロボットと人間の関係を考えたとき、ロボットはロボットらしくの姿の方が、受け入れやすいと思うのだが……。その好例が、Star War…

AIが人間を超えたかどうかを判別する方法とは?

By |

AIが人間を超えたかどうかを判別する方法とは?

AI関連のネタ。 このネタは、科学技術や未来を左右する重要なものだが、SFとしても鉄板のアイデアになっている。 わたしたちは、今、そのターニングポイントにいるのだと思う。 ただし、真にAIが覚醒するのかどうかは未知数だ。…

Go Top
Copied!