Posts Tagged “Google”

猫と生きる

猫と生きる

犬や猫を飼っていると、彼らはペットではなく「家族」になっていく。 人間に比べると短命だから、いずれ死を見送ることになる。 そんな共感を感じた記事。 犬1匹、猫8匹のにぎやか家族 この子たちのために、私は生きる! | si…

中国が崩壊する日

中国が崩壊する日

現在の世界経済を牽引している中国ではあるが、それはいつまで続くだろうか? 経済面では、バブルはいずれ弾けるし、成長はいつか止まる。 政治的な面では、独裁はいつか崩れる。 過去の教訓から学ぶなら、好調に見える中国も、そろそ…

WWWの30周年

WWWの30周年

Googleのトップページが変わっていた。 なにかと思ったら、「ワールド ワイド ウェブ30周年」なんだそうだ。 そうか、もうそんなになるのか。 Wikipediaから歴史を紐解くと…… 1989年3月12日、欧州原子核…

人工知能「AlphaZero」が見る未来は?

人工知能「AlphaZero」が見る未来は?

AI関連の話題をもう1本。 チェス、将棋、囲碁に関しては、AIが人間を凌駕した。 ただし、それはかなりズルをしての勝利ではある。格闘技系のスポーツに例えるなら、無差別級の対戦で、しかも桁違いにデカイ相手としてのAIだった…

グーグル、ロボット開発から撤退?

グーグル、ロボット開発から撤退?

人型ロボットは、儲からないのかもしれない。 ロボット開発に積極的だったGoogleが、ロボットから手を引くらしい。 儲からない部門は、躊躇なく切り捨てていくのがGoogle式。 ロボットブームの一時的な終焉か? グーグル…

ロボットを必要以上に擬人化してはいけない

ロボットを必要以上に擬人化してはいけない

AIブームは熱狂から沈静化して、やや飽きられるフェーズに入ったようだ。 物珍しさが先行して、現実には完成していない未来のAIのイメージが喧伝された結果でもある。 「なんだ、AIってその程度なのか」という失望感すら漂ってい…

大きくなりすぎたスマホに子機は必要か?

大きくなりすぎたスマホに子機は必要か?

スティーブ・ジョブズが、ベストなサイズといったのは、iPhone 4および4s(画面が3.5インチ)だった。 それからスマホのサイズはどんどん大きくなり、iPhone XS Maxでは、6.5インチになった。 いったいど…

「世界から3周遅れ。日本にAI研究者がいない理由」の理由

「世界から3周遅れ。日本にAI研究者がいない理由」の理由

AI関連の記事なのだが、ちょっとピントがずれているところが、“理由”の理由だったりもする。 内容がアバウトで薄すぎるから、ますます変な誤解が浸透してしまいそう。 田原総一朗「世界から3周遅れ。日本にAI研究者がいない理由…

AIが絶対に人間を超えられない理由とは

AIが絶対に人間を超えられない理由とは

なんでもかんでもAI……というAIブームなのだが、そこには誤解や妄想も含まれている。今現在可能になっていることと、将来的に可能になるかもしれないことがごっちゃまぜになり、AIのイメージだけが先走りしている。AIへの過剰な…

ミニマリストってこの程度なの?

ミニマリストってこの程度なの?

ミニマリストって? ミニマリストだという著者が、実践しているという日常生活のあれこれを書いている記事なのだが…… これがミニマリストなの?……というくらい、普通のことだった(笑)。 もっと衝撃的に「あれ」がないのかと想像…

Go Top