ミニマリストってこの程度なの?


ミニマリストって?

ミニマリストだという著者が、実践しているという日常生活のあれこれを書いている記事なのだが……
これがミニマリストなの?……というくらい、普通のことだった(笑)。
もっと衝撃的に「あれ」がないのかと想像してしまった。

ミニマリストの家には普通はある「あれ」がない (マネーの達人) –

筆者は1LDKの小さな賃貸に家族4人で住んでいます。

(中略)

今回は筆者が家からなくして良かったと思うものを、5つピックアップしてご紹介します。

1. ゴミ箱

筆者の家にはゴミ箱がありません。

(中略)

2. マット類

キッチンマットやトイレマット、バスマットも、以前はありましたが全て処分しました。

確かにマット類があれば床が汚れるのは避けられますが、「結局汚れたマットは洗わなくちゃいけないし、床も掃除しなくちゃいけないのだから二度手間では?」と思うようになり、今は何も置いていません。

(中略)

なお、わが家にはバスタオルもありません。

フェイスタオルを少し多めに用意して、髪の長い筆者は2枚使って水分を拭き取っています。

バスタオルを洗って乾かすよりも、フェイスタオルを複数枚使った方が、洗濯も乾燥も手間がかかりませんよ。

(中略)

3. 排水口カバー

台所や洗面台、お風呂の排水口についている排水口カバーも全て取ってしまいました。

(中略)

4. 本棚

(中略)

5. 子どもの作品・記念品

わが家では、子どもが持ち帰ってきた作品や記念品は、子どもと一緒にスマートフォンで写真を撮っておくようにしています。

(中略)

写真のデータはGoogleフォトにアップロードして、スマートフォンを変更したり紛失したりしたときも、データが残るようにしていますよ。

4人で1LDK???
ただ、1LDKといっても、広さはいろいろなので、100㎡の1LDKだったら広いけどね。そこは面積を書かないと、広いか狭いかはわからないよ。
ちなみに、うちは3LDK……と書くと、広いイメージをするだろうが、50㎡程度の3LDKだから、1部屋が狭いのだよ(笑)。

私はミニマリストだとは思ってないが、うちの事情と比較しよう。

ゴミ箱

うちは、基本的にスーパーのレジ袋を吊しておいて、ゴミを入れる。
ゴミ箱も置いてあるのだが、それは45リットルのゴミ袋をセットするためのもので、レジ袋がゴミでいっぱいになったらゴミ箱に入れ、45リットル分がたまったら、口を縛ってゴミ捨て場に出す。

ゴミを出す日は決まっているから、小さいレジ袋がいくつもあると、持っていくのが手間になる。45リットル袋にまとめれば、1つか2つで済む。

こういうこと、普通じゃね?

マット類

うちはトイレマットだけだね。キッチンマットやバスマットは置いてない。
じつのところ、トイレマットはあってもなくてもいいくらい。トイレマットを「洗う」ということはほとんどなく、使えないくらい汚れたら「捨てる」。
100均のトイレマットを使えば安上がり。1カ月ごとに交換したとしても、定期的に床掃除をする手間を労働の時給に換算すれば、100円というわけにはいかない。

バスタオル

フェイスタオルというのが、どの大きさのことをいっているのか不明確なのだが、調べたところ……
34×80㎝(面積:2720㎠
というのが、だいたいの基準のようだ。

バスタオルもサイズはいろいろなのだが、業務用とされているものだと……
65×120㎝(面積:7800㎠
となっていた。

「髪の長い筆者は2枚使って……フェイスタオルを複数枚」ということなので、体を拭くのも合わせて、少なくとも3枚は必要ということだね。
つまり……
2720㎠×3=8160㎠
……ということで、バスタオルの面積よりも多くなる。
ようするに、節約しているつもりが、余計に使っているということ。そこはちゃんと計算して、3枚のフェイスタオルで、バスタオルの面積を超えないサイズのタオルじゃないと節約にはならない。

バスタオルの女性

バスタオルがないと、こういうことはできないね。

排水口カバー

うちは、キッチン以外はカバーをしてないね。
してない理由は、バスルームは蓋をしていると、水はけが悪くなるから。
洗面台も同様。水を溜めるのでない限りいらない。
キッチンだけカバーをしているのは、排水口のポケットにスプーンや箸が落ちないようにするため。食器等の洗いものをしているとき、手がすべって落とすことがあるから、落ちる先が排水口だと嫌だろ。

本棚

仕事のための資料などがあるので、本棚は1つだけ、大きなものを置いてある。最近は本は買わなくなったし、買ったとしても一定期間が過ぎたら処分してしまう。そこは著者さんと同じ。

子どもの作品・記念品

うちは夫婦二人だけなので、この項目は対象外ではあるが……。

写真のデータで残すということだが、データの保存は長期的には難しいよ。デジタルは劣化しないとはいうものの、データを保存する媒体は劣化する。

Googleフォトにアップロードする方法も、Googleがサービスを継続してくれればいいが、ある日、サービスを終了することがないわけではない。データのバックアップは、二重、三重にしておかないと、思わぬことでデータを失ってしまう。「モノ」は損傷してもある程度は残る場合があるが、データは失われると復元しようがない。

子供の思い出としてのデータであれば、今後20年〜50年と残せるものでなければ、残すことの意味がない。
「50年前の写真、Googleフォトに入れてあったんだけどね。あのGoogleがなくなってしまうなんて、想像もできなかった」
なんてことだってあるんだ(笑)。

結論

「ミニマリスト」と自慢げに書いているようにも受け取れるのだが、そんなに特別なことではないと思う。もっと意外性を期待してしまった。

私のことでいえば、着る服は5〜6年に一度くらいしか買い換えないよ(笑)。ジーンズだったら、破れて着られなくなるまで着てるしね。
今日着ているシャツは、たぶん10年くらい着てる。ボタンが取れたら、自分で付け直す。
体型がそれほど変わっていないので、10年前の服でも着られるんだ。

食費なんて、2人分で1日1000円だよ(笑)。
これって、ミニマリストじゃないかい?

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア