Posts Tagged “アート”

「気になる最先端テクノロジー10のゆくえ」を読んで(6)

「気になる最先端テクノロジー10のゆくえ」を読んで(6)

「気になる最先端テクノロジー10のゆくえ」を読んで(5)の続き。 脳-コンピュータ・インターフェース 著者が10番目に挙げたのが、脳とコンピュータのインターフェース。 これはARやVRにも関連した技術だが、実現できそうで…

「気になる最先端テクノロジー10のゆくえ」を読んで(3)

「気になる最先端テクノロジー10のゆくえ」を読んで(3)

「気になる最先端テクノロジー10のゆくえ」を読んで(2)の続き。 拡張現実はどうなる? 混同されがちなのだが、「仮想現実」と「拡張現実」は違う。略号では、前者はVR(Virtual Reality)、後者はAR(Augm…

君は22世紀を想像できるか?

君は22世紀を想像できるか?

『WIRED』日本版VOL.37「BRAVE NEW WORLD」を、電子ブックで購入し、読んだ。 電子ブックは、基本的にiPadで読むのだが、iPad読みになれてしまうと、紙の本には戻れないと感じる。ページ送りは楽だし…

チープだったVRイベント「バーチャルマーケット4」

チープだったVRイベント「バーチャルマーケット4」

すでに閉幕しているが、ひっそりと行われていたVRイベント「バーチャルマーケット4」。 ほとんどニュースの話題になることもなかったのだが、チラッとテレビで紹介があった。 なんというか……、私も妻も苦笑してしまった。 来場者…

2020年冬アニメ寸評(2)

2020年冬アニメ寸評(1)の続き。 毎シーズンで、テーマや設定が似通った作品がいくつか出てくる。 一種のトレンドというか、傾向のバッティングでもある。 企画・制作は個別に進められるから、蓋を開けてみたら被っていた……と…

2019秋アニメ寸評(3)

2019秋アニメ寸評(2)の続き。 慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ 総合評価 ★★★☆☆ 書き漏れていた(^_^)b いちおう、これも残していた。 現実世界からファンタジー世界に召喚されるという、転生…

2019秋アニメ寸評(2)

2019秋アニメ寸評(1)の続き。 『戦×恋(ヴァルラヴ)』 総合評価 ★★★☆☆ 美少女戦闘ものだが、中心となる男子がイケメンじゃないという異色の設定。普通だったら主人公になりえない男子が、美少女に囲まれて生活する。原…

「表現の自由」は無制限の自由なのか?

「表現の自由」は無制限の自由なのか?

日経ビジネス電子版(会員制サイト)の小田嶋氏のコラムは、いつも読んでいるのだが、今週のコラムにはちょっと首をかしげた。 それは「表現の自由」の解釈についてだ。 アートという「避難所」が消えた世界は (2ページ目):日経ビ…

「妖精シルア」YouTube版、Chapter-2公開

ようやく「妖精シルア」YouTube版、Chapter-2が完成した。 続編に着手したのが、3月10日頃なので、49日ほどかかったことになる。 シーンの制作は、レンダリング時間を含めて、1点あたり平均3日。制作シーン数が…

脳に電極を刺す時代…は、かなり難しい

脳に電極を刺す時代…は、かなり難しい

脳にプラグを差す、“ジャックイン”のイメージを定着させたのはSF小説のサイバーパンク。 ビジュアル的には、攻殻機動隊などのSFマンガが追随し、アニメ化されたことで広く浸透した。 脳とコンピュータを直結する電脳。 SFのア…

Go Top