Posts Tagged “世代”

人類の限界を超えるには…

人類の限界を超えるには…

富野監督のインタビュー記事があちこちに出ていて、ひととおり目を通している。 この人、ストイックなのか自分に厳しいのか、自分が作ってきた作品に対して悲観的というか評価が著しく低い。 富野由悠季さん、展覧会で語った反省 「ガ…

SFショートムービー「Nine Minutes」がgood!

YouTubeに、「DUST」というSF系インディペンデント・ムービーチャンネルがある。 私はチャンネル登録しているのだが、その新作がなかなかいい! 作品タイトルは「Nine Minutes」 12分29秒の作品で、とあ…

【サッカーU23】課題は代表監督としての経験不足

AFC U-23選手権は、1分2敗のグループ最下位で終わった。 3連敗しなかっただけマシだったともいえる。 VARを初導入した大会だったため、審判がVARに不慣れだったこと、ビデオを見ているのに不可解な判定をするという審…

【サッカーU23】負け方が最悪だったサウジ戦

AFC U-23選手権GL第1節、サウジアラビア戦はひどい負け方だった。 2点目の取られ方が最悪だったね。 まるで高校サッカーを見ているような感じがした。 なぜ、痛恨のミスが生まれたのか…3選手が振り返った“あの瞬間” …

2030年の世界を予想する

2030年の世界を予想する

10年後の2030年の世界はどうなっているか? 10年は遠いようで、10年前のことを思えばアッという間。 技術的な進歩は確かにあったが、驚くほどの変化にはなっていない。 100年後の予想となると、生きているうちに検証でき…

【サッカー】韓国に完敗の日本の問題点とは?

E-1と称される東アジアサッカー選手権。 日本男子は韓国に敗れて優勝を逃した。女子はかろうじて勝てたが、男女優勝とはならなかった。 負け方が無様だったので、いろいろと批判的な記事が多く出ている。 日本代表は勝ちに行ってい…

富野由悠季監督が描いてきたもの

富野由悠季監督が描いてきたもの

ガンダムを作った富野監督のインタビュー記事。 共感する部分、感心することも多いのだが…… 異を唱えたいところもある。 「若い世代に“扇動工作”をしなければ、未来はつくれない」――富野由悠季監督が信じる「アニメの機能」 &…

歴史の真実とはなにか?

歴史の真実とはなにか?

歴史は勝者が作るといわれ、勝者が正義となる 逆説的には、敗者が悪者になるということでもある。 第二次大戦での敗者の、ドイツ、イタリア、日本は「悪」になった。この戦争を舞台とした映画(おもにハリウッド映画)の多くで、長らく…

格差社会は「平和の代償」か?

格差社会は「平和の代償」か?

「平等と自由」は理想的な社会の基本であり目標でもあるが、現実問題として平等も自由も限定的だ。 理想として考えられているということは、逆説的には「平等と自由」は成立していないともいえる。 昨今、経済的な「格差」が問題になっ…

「腐ったミカン」と「錆刀」

「腐ったミカン」と「錆刀」

教育現場の問題を取り上げた記事なのだが、生徒に問題があるのか教師に問題があるのかというより、両者は連動していると考えた方がいいかもしれない。 以下の記事は有料記事。 公教育迷走の裏に「腐ったミカン」「15歳の夜」への誤解…

Go Top