Posts Tagged “学習”

ロボット従業員の半数を“リストラ”したホテル

By |

ロボット従業員の半数を“リストラ”したホテル

人間の代わりにロボットを使う試みは、接客業ではかなり難しいようだ。 Pepperに代表されるコミュニケーション・ロボットは、会話が成立する場合と、とんちんかんな返答をする場合があり、おしゃべりするオウムレベルだったりする…

人工知能「AlphaZero」が見る未来は?

By |

人工知能「AlphaZero」が見る未来は?

AI関連の話題をもう1本。 チェス、将棋、囲碁に関しては、AIが人間を凌駕した。 ただし、それはかなりズルをしての勝利ではある。格闘技系のスポーツに例えるなら、無差別級の対戦で、しかも桁違いにデカイ相手としてのAIだった…

ロボットを必要以上に擬人化してはいけない

By |

ロボットを必要以上に擬人化してはいけない

AIブームは熱狂から沈静化して、やや飽きられるフェーズに入ったようだ。 物珍しさが先行して、現実には完成していない未来のAIのイメージが喧伝された結果でもある。 「なんだ、AIってその程度なのか」という失望感すら漂ってい…

マイタケ狂騒曲

By |

マイタケ狂騒曲

スーパーから「舞茸(マイタケ)」が品薄になっている。 日々の食事を作る私は、毎日、会社帰りにスーパーに立ち寄り、晩飯の食材を買って帰る。 マイタケは、味噌汁の具として重宝していたので、いつも買う定番でもあった。 それがこ…

「世界から3周遅れ。日本にAI研究者がいない理由」の理由

By |

「世界から3周遅れ。日本にAI研究者がいない理由」の理由

AI関連の記事なのだが、ちょっとピントがずれているところが、“理由”の理由だったりもする。 内容がアバウトで薄すぎるから、ますます変な誤解が浸透してしまいそう。 田原総一朗「世界から3周遅れ。日本にAI研究者がいない理由…

AIが人間を超えたかどうかを判別する方法とは?

By |

AIが人間を超えたかどうかを判別する方法とは?

AI関連のネタ。 このネタは、科学技術や未来を左右する重要なものだが、SFとしても鉄板のアイデアになっている。 わたしたちは、今、そのターニングポイントにいるのだと思う。 ただし、真にAIが覚醒するのかどうかは未知数だ。…

労働を評価する適切なジャッジ・システムがない

By |

「働き方改革」などというのは建前論であって、経営者側の要望を実現するための法律だろう。要望とは、いかに労働者に払うコストを下げ、いかに使い潰すか。経団連にとっては、過労死で何人死のうがたいした問題ではなく、労働者は経済を…

中国、ロシア、北朝鮮は、AIハッカー導入か?

By |

中国、ロシア、北朝鮮は、AIハッカー導入か?

人工知能(AI)は、現代から未来に向かって、欠かせない技術になっていくだろうが、同時に脅威にもなる。 『仮想通貨の落とし穴』で、「AIハッカーが登場するのは必然だろう」と書いたが、それが現実的になったという記事。 中露、…

AIの「感情表現」が「心」じゃないよ

By |

AIの「感情表現」が「心」じゃないよ

なにかとAI、AIと騒がれるのだが、現在成し遂げられているAIと、未来像としてのAIがごっちゃにされている感がある。 タカラトミーがAIを搭載したオモチャを発表したというニュースなのだが…… タカラトミー“心を持つAIロ…

人工知能の歴史をおさらいできる記事

By |

人工知能(AI)について、様々な可能性が論じられている。 少々加熱しすぎの気もするが、AIがなんでもできるという誤解や、幻想も少なくない。 私のブログでも度々取り上げているが、現状のAIにも限界はある。 AIの未来を展望…

Go Top
Copied!