Posts Tagged “政治”

ノーマスク、ノーディスタンシング

ノーマスク、ノーディスタンシング

暑い夏は、これからが本番。 だというのに、大部分の人がマスクをしている。 同調圧力の怖さというか、周りに合わせないと不安なのだろう。 マスクをする理由はなにか?……といえば、 飛沫を飛ばさないため。 ……という1点のみ。…

「指導者らが科学に頼り出した」の勘違い

環境活動家グレタさんは、なにかと話題を振りまくが、子供だなーと思わせることは多い。 いやまぁ、実際、子供なんだが。 視野が狭いというか、それが一途な面にもなっているのだが、彼女のような思考で世界が動くと、大混乱だろうね。…

「ゼロリスク信者」を生み出した科学の責任

「ゼロリスク信者」を生み出した科学の責任

緊急事態宣言が解除されて、いくぶん平穏になった世の中だが、「第二波に備えて」とのかけ声で、相変わらず過度なマスク着用や自粛ムードは続いている。 新型コロナ問題が表面化した当初から、私は「騒ぎすぎ」と書き続けてきた(202…

ブログを書くことについて

ときどき書いていることの念押しになるのだが……。 私のブログは、思ったこと、感じたこと、疑問に思ったこと、面白かったこと、やっていることなどを、つらつらと書いている「日記」である(^_^)。 これは20年前から、ずっと変…

嘘をつく安倍首相は病気かも

たくさんの嘘とわかる答弁をし、説明責任を果たさない安倍首相。 新型コロナに対する国民への呼びかけも、空々しく説得力がなかった。 すっかり信頼感が薄れてしまった感がある。 そんな安倍首相に対する皮肉が…… 小泉今日子が安倍…

「募ってはいるが募集はしていない」は迷言(^^)

「募ってはいるが募集はしていない」は迷言(^^)

言葉は時代とともに変化していくものだ。 「役不足」「確信犯」などといった言葉は、本来の意味とは別の意味で使われるようになっている。いわゆる若者言葉は、意味不明な言葉も多い。 そこに首相の名言(迷言)が飛び出した。 これ、…

富野由悠季監督が描いてきたもの

富野由悠季監督が描いてきたもの

ガンダムを作った富野監督のインタビュー記事。 共感する部分、感心することも多いのだが…… 異を唱えたいところもある。 「若い世代に“扇動工作”をしなければ、未来はつくれない」――富野由悠季監督が信じる「アニメの機能」 &…

「温暖化対策」100兆円は無駄か?

「温暖化対策」100兆円は無駄か?

くどいほど取り上げている温暖化問題。 温暖化対策を批判する日本の科学者の筆頭が、渡辺正教授(東京大学名誉教授)だろう。 渡辺氏は気象の専門家ではないと批判する気象畑の人もいるのだが、専門家だから正しいというわけでもないの…

歴史の真実とはなにか?

歴史の真実とはなにか?

歴史は勝者が作るといわれ、勝者が正義となる 逆説的には、敗者が悪者になるということでもある。 第二次大戦での敗者の、ドイツ、イタリア、日本は「悪」になった。この戦争を舞台とした映画(おもにハリウッド映画)の多くで、長らく…

SF小説「ファウンデーション」のドラマ版が制作される

SF小説「ファウンデーション」のドラマ版が制作される

あの名作SF「銀河帝国の興亡」がドラマ化されるという。 高校時代に夢中になって読んだ。 壮大な銀河の話だが、どんなドラマになるんだろう? SF小説「ファウンデーション」のドラマ版、ルパート・サンダースが監督 : 映画ニュ…

Go Top