景観3DCGソフトの『VUE 10 Infinite』を購入した。
 ではできないことが、では可能だからだ。
 いろいろと作り込んでいくと、欲が出てくるものだ。
 こういうシーンを作りたいとイメージはあっても、アプリケーションによって可能ではないことがある。
 現状、DAZ Studioをベースにして、ときにはBryceを併用していたが、それでもできないことがある。
 それを解決してくれるであろうソフトが、VUE 10 Infiniteだ。

 まだ使い始めたばかりで、実践的なノウハウを習得するには時間がかかりそうだ。
 VUEを購入するにあたって、VUE 9の廉価版も検討したのだが、新しいバージョンの10が出ていて、価格的にもちょっと足せば買えるので、VUE 10にした。まだ日本語版は出ていないが、日本語版が出たら2,980円の追加で入手可能ということである。

 DAZ StudioBryceで、できないことというか苦手なことは、
●霧、霞、雲などの大気の状態
●水、雨、波面、海中などの水の状態
 おもにこの2つの要素だ。
 ある程度、擬似的に作ることは可能なのだが、手間が面倒だしレンダリングに膨大な時間を要する。
 じつは、DAZ Studioを使って、数日前から雨が降る状況で恐竜が戦っているシーンをレンダリングしているのだが、完了するのに1週間くらいかかりそうな気配(^^;)
 大気の状態に「雨」と「霧」と「霞」を入れていて、その部分のレンダリングにかなりの時間がかかっている。
 ちなみに「雨」は、Fog Tool Deluxe III
 「霧」と「霞」は、Jepes SteamZと、Atmospheric Effects Cameras for DAZ Studioを組み合わせている。
 できないわけではないが、手間と時間がかかる。
 このへんをVUEが解決できれば……と思っている。
 ある程度使いこなせてきたら、作例を紹介しようと思う。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア