英首相候補とG7を絡めた風刺画

LINEで送る
Pocket

大馬鹿野郎はどっちだ?(笑)

民進・山井氏、英風刺画を捏造?英首相候補の絵を安倍首相と決めつけ「大馬鹿」と批判:イザ!

 風刺画は、葛飾北斎の富嶽三十六景(神奈川沖浪裏)の大きな波を、英保守党の次期首相候補とされるボリス・ジョンソン前ロンドン市長に模した絵だった。乱れた髪が特徴的なジョンソン氏と波頭を重ねあわせ、同氏が大きな口を開けた様子を描き、近くで船に乗ったキャメロン英首相とみられる人物が「あの“愚か者”から逃げた方がいい」という趣旨の発言をしていることを表現した。

(中略)

ところが、山井氏は30日の会合で、風刺画を掲げて「ここにも描いてあるように、安倍さんの顔で日本の津波からG7の首脳の方々が『あの大馬鹿野郎から逃げようぜ、逃げたほうがいいよ』と。つまり、安倍首相が国内で国民に言っていることは『捏造(ねつぞう)なんじゃないの?』ということだ」と決めつけて発言した。

(中略)

「こんなのが英国を代表する高級紙に掲載されたのだとしたら国辱ものだ」と記し、安倍首相への批判という前提で紹介した。

その風刺画は、Peter Brookes ‏@BrookesTimesのTwitterにある。

英首相候補とG7を絡めた風刺

英首相候補とG7を絡めた風刺

見ればわかることだが、これは英首相候補を皮肉っている風刺画だ。
どこをどう見ると、「安倍首相への批判」に見えるのか?
たしかに、安倍首相らしき人物が船の右から2人目にいるが、G7の首脳たちと一緒に逃げている。なにから逃げているかといえば、ボリス・ジョンソン前ロンドン市長からだ。
批判の矛先が違うだろうが(^_^)。

山井氏は眼の検査か、脳の検査をした方がよいと思う。
なにか深刻な疾患があるかもしれない。
早期発見、早期治療が大事ですよ。

(Visited 338 times, 1 visits today)