股下92cmのモデルということだが…?


エンタメ系の小ネタ。

Yahoo!の映像トピックスとして出ていた動画なのだが……
股下92㎝というモデルさん。
足が長いことは事実だと思うが、92㎝はちょっと盛ってるかな?……と思った(^_^)

股下92cmのモデルが三輪車に乗ると – 動画 – Yahoo!映像トピックス

「股下92㎝」というモデルの結子(ゆいこ)が三輪車に乗るとどうなるのでしょうか(0:50ごろ)。とにかく脚がジャマそうです。

以前にも、中国のモデルで股下115センチというのがあって、検証したことがあった。このときは、股下ではなく、腰下での長さだった。

参照→股下115センチ、中国一脚の長い美女…実際は?

結子さんはどうなのか?
ということで、検証してみよう。

映像から、以下のスクリーンショットを元にする。

この画像では、カメラの位置がやや高めで、下方向に歪んでいる。
その歪みを補正し、自然に見えるようなアングルにする。
プロフィールから、身長が176㎝ということなので、身長を40等分した目盛りを付けたのが以下。

結子さんの身長から股下を推測

結子さんの身長から股下を推測

誤差はあるだろうが、92㎝の位置に股がくるのは、ちょっと不自然かな。
はいているショートパンツはかなり短く、85〜88㎝あたりに股があると思われる。
おそらく、ヒール高が5〜7㎝くらいのハイヒールを履けば、だいたい92㎝になる。モデル写真の多くが、ハイヒールを履いているので、その見た目では92㎝というのなら納得できる。

スタイルがいいといわれるモデルでも、足の長さと身長にはバランスの上限があり、身長に対して足だけ異常に長いということは、あまりない。なぜなら、そのバランスが不釣り合いだと、スタイルがよく見えないからだ。

ダヴィンチの描いた「ウィトルウィウス的人体図」は、「プロポーションの法則」とも呼ばれるが、人間の理想的なスタイルの基本とされている。

欧米人はともかく、日本人ではこのプロポーションの法則を満たしている人は少ない。足が長く見える人は、プロポーションの法則を満たしているか、それよりも若干(数センチ)足が長いということになる。

したがって、身長の半分より股下が長くなることは、きわめて珍しい。それだけ足が長いと、手も同様に長くなっているはずで、そのような体型はバランスが悪くなってしまう。

実際に股下が92㎝になるには、身長が184㎝以上は必要となる。

見た目で足が長く見える場合というのは、股下ではなく、ベルトの位置、つまり腰から下を「足」と認識するからなんだ。

とまぁ、細かいツッコミをしたが、結子さんのスタイルがいいことは事実。
それはバランスが、プロポーションの法則を十分に満たしているためだ。

日本人離れしていることは確かだね(^_^)。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア