金正恩の影武者?

お騒がせ国家の北朝鮮を巡っては、金正恩の健康問題、さらには死亡説まで出てきて、憶測が飛び交っている。
まぁ、朝鮮半島は北も南も、信用ならない国ではあるのだが。体制は違えど、本質的な部分は同じだなと思う。

そんな北朝鮮が、金正恩の動静を伝える動画が「」で公開されている。

金正恩が腰を90度のお辞儀は史上初…戦勝記念日に見えた4つの「怪奇現象」 | デイリー新潮

北朝鮮の戦勝記念日である7月27日、金正恩(36)が出席した「第6回全国老兵大会」の映像が北のYouTubeチャンネルに公開された。そこにはかつてのように威厳のある金正恩の姿はなく、金日成や金正日に向かってのみしたことのある「90度のお辞儀」をするシーンが収められていた。この他の怪奇現象も含め、「登場した金正恩はフェイク」と主張する北専門家・金興光氏による論考。

上の動画は転載された動画ではあるが、北がYouTubeチャンネルを持ってることが意外。あれほどアメリカを敵視しているのに、アメリカ企業のサービスを利用するとは。
なにかの冗談なのか(^_^)b

それはさておき、この動画を見てみると、違和感ありまくり。
記事では、この動画はフェイクだと断言している。
金正恩ウォッチャーではない私が見ても、「なんか、若返ってないか?」と思った。

金正恩は36歳とのことだが、この動画の彼はもっと若く見える。
参考までに、過去の画像と見比べてみたのだが、やっぱり若い。
画像解像度が低いので、細かいところは潰れているものの、ちょっと前の画像では特徴的だった額の皺や頬のシミなどが目立たず、美容整形でもしたのか?……というくらい、スベスベの肌になってる。

▼2020年4月頃の金正恩

2020年4月頃の金正恩

▼2020年7月27日発表の金正恩

2020年7月27日発表の金正恩

2018年4月29日発表の金正恩

2018年4月29日発表の金正恩

金正恩とされているこの3枚の写真だが、全部別人かもしれない。
最新であるはずの、7月27日が一番若く見える。
また、7月27日と4月29日では、上前歯の歯並びが違っている……。
あえて特徴的な髪型にして、アイコン化しているようにも思えるが、髪の生え際が三者三様で違う……。

世界平和は理想ではあるが、約束を守らない国、他国を侮辱する国とは仲良くなれないよ。
イデオロギー以前に、人として、国として信用できないのに、どんな話し合いをしても意味のある合意が得られるとは思えない。そこは北も南も同じ。

いまの北朝鮮は、太平洋戦争前の日本と似ている。
諸外国と交渉しても信用されず、軍事力を背景にものごとを強引に進める。
軍事国家、独裁国家とは、そういうものだ。

金正恩を神のように讃える北朝鮮の人々の行動や発言は異様に見えるが、かつての日本人も天皇や軍人を讃え、批判するものは非国民といわれたのだ。
日本が変われたのは、変わらざるをえなくなったのは、戦争に負け、街は焼け野原になり、多くを失ってしまったからだ。

北朝鮮は、現体制が崩壊しないと変われないと思う。
その変化が、民衆蜂起の革命なのか、他国からの軍事介入なのか。
前者の可能性はかなり低いだろうから、アメリカなり中国なりが軍事力で現体制を潰すしかないようにも思う。

トランプ大統領が、再選狙いで一戦交える可能性はあるものの、軍事介入の可能性は低いんだよね。
結局、将軍様の生死に関わらず、一族が引き継いで延命することになる。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア