不良品が多く出て回収騒ぎになった、安倍内閣謹製の「アベノマスク」
不評ばかりで、金の無駄遣いといわれているが、どうやらマスクとしての性能もゼロらしい。
安倍首相らしいといえば、らしいのだが……

本誌入手のアベノマスク「仕様書」でわかった“欠陥”と国内生産の謎 「命取りになる」と自民党幹部 (3/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

本誌も、送られてきたアベノマスクの現物を入手。手に取って計測すると仕様書とほぼ同じ、縦9.5、横13.8~13.9。縦の縫製部分が、斜めにずれていた。男性は本誌の取材にこう語る。

「元は1枚のガーゼですよね。1か所でも汚れがあれば全体に広がります。布製ですから、繰り返し洗って使えると安倍首相は言っていました。しかし、左右1カ所ずつの縫製だけですから、耐久性は乏しい。縮んだり、型くずれして使えなくなりますよ、この仕様では。それにWHOも、布製マスクは推奨しないと言っていますよね。ものづくりを長くやってきた職人としては、国が税金使ってコロナ感染防止で配るなら、もっとキチンとしたものにしてほしい。日本は安倍首相だって認めるように、ものづくり大国ですよ。私はこれで、感染防止ができるとは思えないので使いません」

聖路加国際大大学院の大西一成准教授(公衆衛生学)は、届いたアベノマスクの「漏れ率」を計測した。漏れ率とは、マスクの外側と内側の粒子の数を計測して、どれくらい内側に入り込んでいるかを調べるものだ。

5回計測したところ、5回とも100%の漏れ率だった。つまり、外に浮遊している粒子が全て内側に入ってしまっているということだ。

「ウイルスの取り込みを防ぐという観点から言うと、ほとんど効果がない。布ではフィルターの役割を果たしていないことに加えて、サイズが小さいので隙間ができやすい。一生懸命マスクの周りを押さえて測ってみても、漏れ率は97%でした。人からの感染を防ぐ効果は期待できませんね」(大西准教授)

朝日新聞がアンチ自民党であることを差し引いても、ひどい話だ。
100%の漏れ率」というのに笑ってしまった。
つまり、アベノマスクは飾りにしかならないということだ。

シャープのマスクにはSHARPのロゴが入っているが、アベノマスクにも「アベノマスク」とロゴを入れた方がいいのでは?(^_^)b

アベノマスクを受け取った人が、バラして作り変えたという記事も目にした。そのまま使うより、自作マスクの「材料」にした方がいいみたい。
あるいは、包帯の代わりに。

同じ金をかけるにしても、もっと有効で首相として評価の上がることはあるはずなんだけどね。
政権のブレーンが役立たずなんだろうな。
国民の直接選挙で選ばれた首相ではないにしても、頼りないし、嘘つきで信頼できない人物を、国のトップに据えなければいけないのは嘆かわしい。

かといって、政権交代は起こりそうにないし、今の野党には政権担当能力はないだろう。
ポスト安倍と噂される人たちも、いまいちだし。
新型コロナ問題で、経済も社会もズタズタにされてるし。
日本の未来は暗い……。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア