「布マスク2枚配布」という首相の発表は、これはウケを狙ったジョークなのかと思った。
とんでもなくブラックジョークだな……と。エイプリルフールだからって、悪乗りしすぎだろ。
が、じつはマジだった。

笑ってしまったが、ここは笑うところなのかと自問自答した。
首相はくそ真面目だぞ。
これにはなにか裏の意図があるのではないか?

布マスクは有効? WHOは「どんな状況でも勧めない」 [新型肺炎・コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

 新型コロナウイルスの感染拡大防止の一環で、安倍晋三首相が洗濯して繰り返し使える布マスクを5千万余りある全世帯に2枚ずつ配る方針を表明した。布マスクの効用をめぐっては、専門家の間でも懐疑的な見方が多い。

九州大学大学院の矢原徹一教授(生命科学)は「国は布マスクの配布に加え、子どもたちのために自作するよう要請しているが、適切ではない」と指摘する。

布マスクは織り目のサイズが大きいため、飛沫(ひまつ)を防ぐ効果が小さい。また繰り返し洗って使う場合、管理が悪いと雑菌がはびこる可能性があり、かえって不衛生になる可能性も挙げる。

5年前に英国の医学誌に発表された論文では、1607人の医療従事者を、医療用マスクをつける人、布マスクをつける人、マスクをつけたり外したりする人にわけて感染リスクを比べたところ、布マスクをつけた人がもっとも呼吸器疾患やインフルエンザ症状を示した人が多かったという。

WHO(世界保健機関)は、新型コロナ感染拡大期における布マスク使用について「いかなる状況においても勧めない」と助言している。

そもそも、一般的なマスクでは、予防できないことは明白なので、予防としてのマスクに意味はない。医療従事者や検疫官が、重装備のマスクとゴーグルと防護服をしていても感染しているのに、マスクしかしていない一般人は、ほぼ無防備と同じ。マスクは気休めでしかない。

関連記事→ 最強のウイルス感染対策装備とは

飛沫が飛ぶのを防ぐ……ということもいわれるが、マイクロ飛沫でも感染するとの発表があったから、感染者の飛沫をブロックする効果も限定的だと思われる。

でもって、首相が国民に恵んでくれるという布マスクは、上記の記事のとおり、まったく効果なしである。
効果のないマスクを配って、どうするんだろう?
とりあえず、顔を隠しておけ、ということか?

いやいや、もっと深い意図があるに違いない。
新型コロナとの戦いは、戦争だ……といったのは、欧米の元首たち。
そう、これは戦争なのだ。
有効なワクチンや治療薬はまだ用意できないから、手持ちの武器と言える物はマスクとトイレットペーパーくらいしかない。トイペーでケツをいくらふいても、予防にはならないのだが。

安倍首相は、国民にマスクで戦えとおっしゃっている。
弾(マスク)は2発(2枚)しかないが、あとは気合いと根性でなんとかしろ。
1億一丸となって、コロナと立ち向かい、玉砕せよ!
……という、お達しなのだ。

ロックダウンは降伏するのと同じだから、絶対にできない。
最後のひとりになるまで戦い(働き)を続ける。
最前線は東京だ。
大本営特製の布マスクは無敵だ。護国神社で祈祷され、英霊の加護が宿っている。
マスクを装備した戦士(サラリーマン)たちは、装甲車()で戦地へと赴き、敵(コロナ)に倒され絶命するまで戦い(働き)続けて、経済を回せ。
それが、日本人だ!
えい、えい、おおおーー!!

さて、対コロナ戦の勝敗はいかに?

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア