Posts Tagged “倫理”

もっとも効果的な気候変動の対処は、「なにもしないこと」

もっとも効果的な気候変動の対処は、「なにもしないこと」

気候変動問題での対処方法は、いろいろと提案されるが、これといった決め手がない。 IPCCが主導する二酸化炭素削減の指針は、経済的な損失を出さずに達成することは不可能だし、仮に達成しても効果の保証はない。 科学者や知識人と…

2030年の世界を予想する

2030年の世界を予想する

10年後の2030年の世界はどうなっているか? 10年は遠いようで、10年前のことを思えばアッという間。 技術的な進歩は確かにあったが、驚くほどの変化にはなっていない。 100年後の予想となると、生きているうちに検証でき…

「表現の自由」は無制限の自由なのか?

「表現の自由」は無制限の自由なのか?

日経ビジネス電子版(会員制サイト)の小田嶋氏のコラムは、いつも読んでいるのだが、今週のコラムにはちょっと首をかしげた。 それは「表現の自由」の解釈についてだ。 アートという「避難所」が消えた世界は (2ページ目):日経ビ…

遺伝子操作ベビーは本当か?

遺伝子操作ベビーは本当か?

遺伝子操作をした子供が生まれたと発表されて、物議を醸している。 多くは懸念や批判で、生命倫理に反するとする論調だ。 だが、ちょっと待て。 こういう「空気」は、既視感がある。 CNN.co.jp : 中国の研究者、遺伝子操…

人類は火星適応のために遺伝子改変で“進化”するのか?

人類は火星適応のために遺伝子改変で“進化”するのか?

人類は種として、未来に向けて進化していくべきなのかどうか。 ある意味、これは必然かもしれない。 遺伝子工学というテクノロジーを使わずとも、現代人は数千年前の古代人とは大きく変わった。 その第一が寿命。 人間の生物としての…

人工的に増殖させた大脳は、意識を持ちえるか?

人工的に増殖させた大脳は、意識を持ちえるか?

コンピュータの発展形としての人工知能が話題になっているが、生物的な人工知能が生まれるかもしれない……という研究についての記事。 細胞から生まれた「ミニ大脳」が、自ら血液をつくれるまでに進化した|WIRED.jp ヒトの細…

電車内で化粧はマナーの問題なのか?

電車内で化粧はマナーの問題なのか?

電車の中で、化粧をする女性について話題。 この問題は、賛否が飛び交う。地雷を踏むような話題にもなっている。 東急電鉄「車内で化粧はみっともない」 啓発広告に賛否両論の嵐 : J-CASTニュース 「都会の女はみんなキレイ…

賢明な民衆は存在しえるか?

 舛添都知事の辞職が確定したようだ。  今回の一件に関して、小林よしのり氏は舛添氏に対するバッシングを「集団リンチ」と書いているのだが…… 舛添都知事をギロチンにかけよと熱狂する民衆 舛添都知事をギロチンにかけよという民…

今と未来の新語のいろいろ

今と未来の新語のいろいろ

「未来の気候予測は間違いだらけ?」に続いて、「未来」の話。 未来といっても、現在進行形を含む近未来。 新しいテクノロジーや新しい価値観が次々と生まれるため、それに対する新しい単語も出てくる。 いわゆる「新語」 新語は廃れ…

五輪エンブレム問題の、言葉の齟齬

五輪エンブレム問題の、言葉の齟齬

いささか食傷気味かもしれない「五輪エンブレム問題」 私もデザイン業界人の端くれとして、いろいろ書いてきたが、業界(関係)ヒエラルキーで上の方にいる方達の検証記事がいくつか出てきたので、それについて疑問や異論などを記してお…

Go Top