Posts Tagged “コミュニケーション”

「表現の自由」は無制限の自由なのか?

「表現の自由」は無制限の自由なのか?

日経ビジネス電子版(会員制サイト)の小田嶋氏のコラムは、いつも読んでいるのだが、今週のコラムにはちょっと首をかしげた。 それは「表現の自由」の解釈についてだ。 アートという「避難所」が消えた世界は (2ページ目):日経ビ…

インスタでうつ病?

インスタでうつ病?

SNSでフォロワーや「いいね」の数を競うのは、いささか病的な承認欲求な気がする。 「認められたい」という気持ちは誰しもあるものだが、それが数字となって現れ、数字が多いほどいいというのは、本来の目的から離れているように思う…

日韓関係と煽り運転の類似性

日韓関係と煽り運転の類似性

悪質な煽り運転の映像が、テレビで頻繁に流れていた。 たしかにひどい。 あの凶暴性はかなり異常だ。 玉川徹氏、相次ぐ白い車のあおり運転に「異常性を感じる」羽鳥アナ「今までとまったく違う」 : スポーツ報知  13日に同番組…

男性脳、女性脳の神話を信じる医師は信用できないぞ

男性脳、女性脳の神話を信じる医師は信用できないぞ

医学は科学の一分野だが、科学的常識は新しい発見や研究によって、常に書き換えられていく。 かつては科学的だった説が、いまでは否定されて「エセ科学」になった例も多い。 「男性脳・女性脳」という脳の性差で、男女の思考や行動を説…

脳に電極を刺す時代…は、かなり難しい

脳に電極を刺す時代…は、かなり難しい

脳にプラグを差す、“ジャックイン”のイメージを定着させたのはSF小説のサイバーパンク。 ビジュアル的には、攻殻機動隊などのSFマンガが追随し、アニメ化されたことで広く浸透した。 脳とコンピュータを直結する電脳。 SFのア…

猫の叱り方

猫の叱り方

うちには現在4頭の猫がいる。 いずれも高齢の猫で、18歳、16歳、14歳、13歳だ。 ピーク時は一時保護の猫もいたりして、14頭もいた。病死や老衰で数が減って、現在に至る。 猫はなにかと悪さやイタズラをする。 猫に悪気は…

ロボット従業員の半数を“リストラ”したホテル

ロボット従業員の半数を“リストラ”したホテル

人間の代わりにロボットを使う試みは、接客業ではかなり難しいようだ。 Pepperに代表されるコミュニケーション・ロボットは、会話が成立する場合と、とんちんかんな返答をする場合があり、おしゃべりするオウムレベルだったりする…

飽きられたPepper、8割超が“もう要らない”

飽きられたPepper、8割超が“もう要らない”

Pepperが登場したのは2014年。一般販売が開始されたのは2015年。 それから3年あまり。 もう飽きられてしまったようだ。 ペッパー君さようなら 8割超が“もう要らない” (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot…

『半分、青い。』は批判的”怪”作

『半分、青い。』は批判的”怪”作

なにげに、NHKの朝ドラを見ている。 朝ドラが終わった頃に、出勤の準備を始めるのだが、ほとんど習慣というか惰性だ(笑)。 現在放送中の『半分、青い。』は、ネット上で批判的な意見・感想が多いことでは、かなり珍しいというか際…

【サッカー】W杯ロシア大会後に希望はあるか?

ドタバタ劇となっているサッカー日本代表だが、ワールドカップロシア大会は来月、6月14日に開幕だ。 日本とコロンビアの初戦は、6月19日。 過去、日本がW杯に出場したときは、なにがしかの期待はしたものだ。それが淡い期待だと…

Go Top