Posts Tagged “ねつ造”

朝日新聞のねつ造体質は変わらず?

 Twitterはバカッター(バカ発見器)ともいわれるが、新聞記者も例外ではないらしい。 朝日編集委員、首相にレッテル「ナチ支援者は安倍支持者」 ツイート削除し謝罪:イザ!  朝日新聞の冨永格(ただし)特別編集委員が、ナ…

東スポ記者は日本語を勉強しなさい

 FIFAの汚職問題で大揺れしているサッカー界だが……  18年のロシア大会が、ロシアで開催されるのかどうかはともかくとして、日本代表にとっては、W杯予選を勝ち上がっていかなくてはならない。  アジアの予選では、全勝する…

韓国は「韓国兵専用の慰安所」を直視できるか?

「日本は歴史を直視せよ!」というのが、韓国や中国の決めゼリフになっているが、自分たちの過去については目をそらすらしい。 週刊文春の「韓国軍トルコ風呂」報道、腹立たしいが反論は困難… : 国際 : ハンギョレ  「この施設…

科学イカサマの今昔…STAP細胞も仲間入りかも

科学イカサマの今昔…STAP細胞も仲間入りかも

「世間を欺いた6つの科学イカサマ」として、過去に起こった有名な事例を紹介した記事。 こうした事例が世間をにぎわすのは、「科学」という冠を被せられ、科学的であることが免罪符のように勘違いされてしまうからだ。 世間を欺いた6…

「あの日から、パパは帰ってこなかった」と情緒に訴えてもだめ

「あの日から、パパは帰ってこなかった」と情緒に訴えてもだめ

集団的自衛権についての問題は、政治的というより情緒的な問題にすり替えられている気がする。 その典型的な例。 (1/2) 「あの日から、パパは帰ってこなかった」に賛否 センセーショナルポスター作ったのは社民党 : J-CA…

STAP事件として推理ドラマ風に仕立ててみる

STAP事件として推理ドラマ風に仕立ててみる

STAP細胞疑惑は、あらたな事実が出てきたりで、なかなか終着点が見えない。 いちおう、ねつ造判定されているわけだが、幕引きするには疑問点が多く、当事者がねつ造を認めているわけでもない。 この問題は刑事事件ではないために、…

STAP細胞問題…科学者とは思えない反論だった

STAP細胞問題…科学者とは思えない反論だった

昨日は、STAP細胞ねつ造疑惑の渦中にある、小保方氏の謝罪&弁明&反論会見に終始した感がある。 まるで、芸能人のスキャンダル騒ぎの様相だった。 「世紀の大発見」から「世紀のねつ造疑惑」になってしまったが、この問題は日本の…

STAP細胞はねつ造だったのか?

 話題になっていたSTAP細胞に、さまざまな疑惑が浮上してきた。  科学ファンとしては、この展開は悲しい。 STAP細胞、共著者が論文撤回呼び掛け 不自然との指摘相次ぎ:イザ!  論文は1月末、理研発生・再生科学総合研究…

カツカレーが政治問題なのか?

 自民党の総裁選は、さながら総理大臣の選出のような錯覚を覚えた。  自民党が政権を握っていたときには、総裁=総理大臣だったが、現在は違う。しかし、民主党の代表選と比べると、自民党の総裁選は次期首相候補のような感覚になって…

前途多難な楽天「Kobo Touch」

「楽天のKoboは成功するか?」の続報。 案の定……というか、予想通りに「Kobo Touch」の評価はかんばしくないようだ。 楽天「Kobo Touch」のスタートダッシュと今後を考える (1/2) – 電…

Go Top