ディズニーが「アナ雪2」のステマをしたのではと問題になっていた。
そもそもステマをしなければ集客できないような作品ではないし、なぜこんな宣伝手法を採ったのかが疑問なのだが……。

アナ雪2のステマ騒動で考えるべき、ステマ疑惑の大きすぎる代償(徳力基彦) – 個人 – Yahoo!ニュース

正直、7名ものマンガ家が全員PR表記が漏れていたことを考えると、PR表記を外す指示があったのではないかという疑惑はなかなか消えませんが、ウォルト・ディズニーの本社がある米国においては、広告表記のない宣伝投稿はFTCのルールにより厳密に違法とされています。

くだんの問題となった投稿漫画は、全部見た。
漫画家といっても、私の知らない人ばかりだったし、有名な作家というわけではなさそう。
内容的にもたいしたものではなく、これで宣伝になるのか?……とも思った。

ステマかどうかはともかく、宣伝を依頼されて描いたマンガであることは、描いた作家達が告白しているので間違いないようだ。

で、知りたいのは、そのギャラの金額。

いくらで引き受けたのか?
通常、雑誌などでこの手のエッセイ風マンガの1ページだと、1〜3万円くらいだろう。
PRであることを意図的に入れなかったのは明白だから、ステマになりうることを認識していたと思われる。
それを承諾して加担したのに払われたギャラはいくらだったのか?

通常どおり、1万円だったのか?
それとも破格の、100万円だったのか?

100万円だったら、そりゃ受けるわな(^o^)
おいしい仕事だ。
しかし、1万円だったら、非難され恥をさらしたのに割に合わない結果だ。

告白ついでに、ギャラも暴露してくれないかな?

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア