「元気に猫プロレス」

LINEで送る
Pocket

n011018a←左はごはんを食べているナナちゃん。もう一人前に食べている。年上の猫たちの食事は、一日2回だが、幼いナナちゃんは3時間おきくらいに、少しずつ食べている。

ナナちゃんにごはんが出されると、ほかの猫たちも集まってくる。横取りしようとする年上猫たちを、追い払いながら食べさせているのだ。逆に、みんなでいっしょのご飯の時間には、ナナちゃんが年上猫の茶碗に頭を突っこむ(笑)。しかし、年上猫たちは特に怒るわけでもなく、ナナちゃんがどくのを待っていたりする。多少の威嚇をするときはあっても、けっしていじめたりはしない。いじめると自分が叱られることを知っているのだ。我が家では、そのへんのしつけ(掟ともいう)は厳しい(笑)。

n011018bごはんが済むと、まっさきにトイレに行く。食べたら出す……「押し出し式かい?」とは妻の感想。

満腹すると眠くなるもの。

お気に入り昼寝場所は、テーブルの下にある新聞紙入れの上(右の写真→)。暗くて狭いところが好きなのが猫。ほかの猫たちにも、それぞれお気に入りの場所があり、寝るときには決まったポジションにつく。ただ、このお気に入り場所は一定期間で変わる。猫のマイブームである。

昼寝から覚めると、今度は遊びの時間だ。

遊び相手はクリ。ナナちゃんはひょこひょこと小走りして、クリを追っかける。ほかの猫も追っかける。鬼ごっこの始まりだ。

追っかけられて嫌がるのは、タマコである。しかし、ナナちゃんはタマコお姉ちゃんが好きらしい。次女のカフェも好きみたいだ。どうやら母親のミルクを求めているようなのだが、次男のアレフに求めるのはやめてほしいなー。アレフはホルスタイン体形で、まるまると太っているのだ(笑)

クリとは取っ組みあいの猫プロレスをするようになった。

猫としての狩猟本能から、こうしたプロレスをするわけだが、うちの場合、年上猫が本気で噛むことはない。手加減しているのだ。

n011018d布団の上で格闘しているのが、ナナちゃんとクリである。(右→)

クリはナナちゃんを抱きかかえるようにして、寝技に持ちこむ。一方ナナちゃんは、幼いために手加減を知らない。写真はクリの足を噛んでいるのだ。だが、猫の皮は厚いので、少々のことでは傷にはならない。同じ調子で私たちが噛まれると、牙の穴があき、血が出ることとなる。

いずれは人間に対するときの、噛み方というのも憶えさせなくてはいけない。年上猫たちにもやってきたことで、本気で噛むことはめったにない。

人間の布団は猫たちの格好の遊び場所となっている。クッションにもなるため、気持ちがいいのだろう。おかげで毛だらけだ。その布団に寝る私たちはというと、少々の猫の毛など気にしない。それこそ部屋中に猫の毛があるので、いちいち気にしていたらきりがないからだ。

潔癖性や動物嫌いの人には信じられないかもしれないね。

n011018c←左は、クリのアップ。可愛く撮れたので、妻が載せろといった(笑)。布団に寝ころがっているところだ。

うちの猫たちは私たちが寝るときに、布団に潜りこんでくることがたびたびある。暑い夏はあまりないのだが、寒い冬になると暖を求めて、はいってくるのだ。

これからの季節は、猫と一緒に寝る季節となっていく。

(Visited 5 times, 1 visits today)