Posts Tagged “重力”

「二酸化炭素温暖化説」は疑似科学?

「二酸化炭素温暖化説」は疑似科学?

地球温暖化説については、これまでもいろいろと取り上げてきた。 私が一貫して書いてきたのは、考古学的過去には、現在よりもはるかに温暖な時期があり、現在の状況が初めてではなく、異常だと考えるのはおかしいということ。 そして、…

火星から見た地球?(キャロル&チューズデイ)

火星から見た地球?(キャロル&チューズデイ)

「キャロル&チューズデイ」の第15話。 見るのが遅くなったのは、たくさんの番組を録画していて、週末にまとめてみているからだ。 #15「God Only Knows」のシーンで、彼女たちの住む火星から見た地球というのが出て…

TVアニメ『キャロル&チューズデイ』は音楽ものアニメの良作

TVアニメ『キャロル&チューズデイ』は音楽ものアニメの良作

2019年春アニメの中で、私がイチオシの作品が『キャロル&チューズデイ』なのだが、コンサートまでやってしまうようだ。 音楽が重要な要素となっているアニメは、毎シーズン、なにがしか作られている。 そのルーツは「超時空要塞マ…

ジェフ・ベゾス氏のスペースコロニー計画

ジェフ・ベゾス氏のスペースコロニー計画

ジェフ・ベゾス氏が、月着陸船だけでなく、スペースコロニー計画もぶちあげているという記事。 目新しくはないものの、そこまでいう?……と思う。 大風呂敷を広げすぎ(^_^)。 ジェフ・ベゾス氏のスペースコロニー計画、ベースは…

恒星間宇宙は遠い…

恒星間宇宙は遠い…

インターステラ社の堀江氏へのインタビュー記事。 宇宙開発をビジネスとして考えているのが、面白いというか強みだと思う。 ただ、ビジネスとして軌道に乗らないと、先には進めない弱点にもなる。 ホリエモン独占告白「僕がロケット開…

地球温暖化の行く末が「金星」なのではない

地球温暖化の行く末が「金星」なのではない

地球温暖化の問題を論じるとき、その未来の姿として「金星」を例に出すことがある。 いわく、温暖化が進むと金星のような灼熱の星になってしまう……などと。 だが、これは脅し文句のウソでしかない。 地球と金星では、惑星としての前…

火星への往復費用は約5500万〜1100万円?

火星への往復費用は約5500万〜1100万円?

火星旅行は「夢」ではあるが、現実はそう甘くはない。 スペースXのイーロン・マスク氏は、火星旅行の往復費用が、約5500万〜1100万円になると語ったという。 マスク氏、火星への往復費用は約5500万〜1100万円以下に値…

負の質量をもつ「暗黒流体」は存在するか?

負の質量をもつ「暗黒流体」は存在するか?

宇宙論というか、宇宙の解明にゴールはあるのだろうか? 様々な理論が提唱されているが、観測される宇宙と整合性をつけられた理論は、いまのところない。 ビッグバンで宇宙が誕生したというのは定説にはなっているものの、これが最終解…

6光年先に「スーパーアース」発見

6光年先に「スーパーアース」発見

太陽系外惑星の発見は珍しくなくなったが、太陽から近い恒星系での惑星発見は珍しい。 6光年先のバーナード星に、スーパーアースクラスの惑星が発見されたという。 6光年とは、文字通り光の速さで6年かかる距離だが、近いといいつつ…

無重力は脳を劣化させる?

無重力は脳を劣化させる?

宇宙旅行は、体にダメージを受けることを覚悟して行かなくてはならない旅行のようだ。 日帰りだったら問題なさそうだが、長期の宇宙旅行はいろいろと問題がありそう。 問題の原因で重要なのは、無重力と宇宙線(放射線)だが、無重力で…

Go Top