怪しい記事→異次元ワームホール「Xポイント」

LINEで送る
Pocket

 一見、科学的なようで、どこか怪しげなニュースが流れてくる。
 なにか勘違いしているのでは?……と思える記事が以下。掲載されているニュースサイトが、怪しげなネタを多く扱っているところなので、ますます怪しい(^_^)b

NASAが公式発表した異次元ワームホール「Xポイント」研究に新展!? 宇宙船4機が既にワープか!ートカナ

NASAが映画『インターステラー』顔負けのワームホールを発見、すでに4機の宇宙船を送り込んでいるという驚愕のニュースが飛び込んできた!

 事の始まりは、1998年「NASA(アメリカ航空宇宙局)」の観測衛星が地球の大気中に空いている穴を発見した時に遡る。数年後、NASAが公式に「ワームホール」である可能性に言及したが、あまりにもSF的な内容のためマスメディアからはほぼ無視されていた。しかし、今年に入り事態が一変、海外メディアが「本当に瞬間移動を可能にするワームホールかもしれない」と報道し始めたのだ。

 本題に入る前に、まずはNASAの見解を見てみよう。公式ウェブサイト(2012年7月2日付)によると、発見されたポータルは「Xポイント」と呼ばれ、地球の磁場と太陽の磁場を接続する役割を担っているという。高エネルギー粒子がその中を行き来しているため、磁気嵐やオーロラなど、地球の大気にも大きな影響を与えているそうだ。 

 途中までは事実に基づいているが、途中から大きく飛躍している感じ。
 取り上げられているNASAの発表というのは以下。

Hidden Portals in Earth’s Magnetic Field | NASA

A favorite theme of science fiction is “the portal”–an extraordinary opening in space or time that connects travelers to distant realms. A good portal is a shortcut, a guide, a door into the unknown. If only they actually existed….

以下翻訳。

Hidden Portals in Earth's Magnetic Field

地球の磁場に隠されたポータル

アイオワ大学のNASAの研究者は、探査機が地球近辺に隠された磁気ポータルを探し出す方法を開発しました。これらのゲートウェイは、私たちの惑星の磁場と太陽の磁場を結びつけ、嵐のような宇宙天気の原因となるのです。

SFの好きなテーマとして、「ポータル」があります。優れたポータルは、未知の世界への近道であり、ガイドであり、ドアである。実際に存在するのであれば……。

NASAの資金援助を受けたアイオワ大学の研究者は、その見つけ方を発見しました。

アイオワ大学のプラズマ物理学者ジャック・スカダーは、「私たちはこれをXポイント、あるいは電子拡散領域と呼んでいます」と説明する。「地球の磁場が太陽の磁場とつながっている場所であり、私たちの惑星から9300万マイル離れた太陽の大気圏まで、途切れることのない経路を作り出しているのです」。

NASAの探査機THEMISとヨーロッパの探査機Clusterの観測によると、これらの磁気ポータルは毎日何十回も開いたり閉じたりしていることが示唆されています。ポータルは通常、地球から数万キロ離れた、地磁気と太陽風がぶつかり合う場所に存在します。ほとんどのポータルは小さく、短時間で閉じますが、他のポータルは大きく、持続的に開きます。その隙間から大量の高エネルギー粒子が流れ込み、地球の上層大気を加熱し、地磁気嵐を引き起こし、明るい極域オーロラを発生させることがある。

NASAは、この現象を研究するために、2014年に打ち上げ予定のミッション「MMS」(Magnetospheric Multiscale Missionの略)を計画中です。高エネルギー粒子検出器と磁気センサーを備えたMMSの4つの探査機は、地球の磁気圏に広がり、ポータルを取り囲んでその働きを観察します。

ただ、1つだけ問題があります。それは、ポータルを見つけることです。磁気ポータルは目に見えず、不安定で、とらえどころがありません。何の前触れもなく開いたり閉じたりするし、道しるべもない」とスカダーは指摘する。

しかし、実は道標があり、それを見つけたのだ。

ポータルは、磁気再結合というプロセスで形成されます。太陽と地球からの磁力線が交差し、結合することで開口部ができるのです。「Xポイント」は、その交差が起こる場所です。磁場が突然合流することで、X点から荷電粒子が噴出し、”電子拡散領域 “が形成されることがあります。

このような事象をピンポイントで捉える方法を知るために、スカダー氏は10年以上前に地球を周回した宇宙探査機のデータに注目しました。

“1990年代後半、NASAの極軌道探査機は地球の磁気圏で何年も過ごしました。”とスカダー氏は説明します。”そのミッション中に多くのXポイントに遭遇しました。”とスカダー氏は言います。

1998年頃のNASAの極軌道探査機のデータは、磁気Xポイントを見つけるための重要な手がかりを与えてくれました。

極軌道探査機にはMMSと同様のセンサーが搭載されているため、スカダーは極軌道探査機から見たXポイントがどのように見えるかを確認することにしました。「極軌道探査機のデータを使って、磁場と高エネルギー粒子測定の5つの簡単な組み合わせで、Xポイントや電子拡散領域に遭遇したときにわかることを発見しました。適切に計測された1機の探査機で、これらの計測を行うことができるのです。

これは、診断を使用するMMSコンステレーションの単一のメンバーがポータルを見つけ、コンステレーションの他のメンバーに警告することができることを意味します。ミッションプランナーは、MMSがポータルを研究する前に、1年かそこらかけてポータルの見つけ方を学ばなければならないと長い間考えていました。Scudderの研究はそのプロセスを短縮し、MMSが滞りなく仕事に取り掛かれるようにするものです。

これはフィクションの最高のポータルにふさわしい近道だが、今回はポータルが実在している。そして、新しい “道しるべ “があれば、その見つけ方もわかる。

 このNASAのいうポータルとは、ワームホールのことではなく、太陽から放出される荷電粒子の流れが、磁気によって太陽と地球がつながっている……という内容だと思う。比喩としてSFのポータルと表現しているために、変な誤解を招いているのではないか?

 冒頭の引用記事の元ネタと思われる記事が以下にある。

Stargates and Hidden Portals on Earth and in Space | Gaia

In 2015, NASA admitted that the idea of Earth portals — areas on the planet that instantly teleport human beings from one place to the other — are a reality that they have been studying for quite some time.

以下翻訳

地球と宇宙のスターゲイトと隠されたポータル

 2015年、NASAは、地球のポータル(地球上のある場所から別の場所に人間を瞬時にテレポートさせる領域)のアイデアが、かなり長い間研究されてきた現実であることを認めました。
 NASAの探査機の1つであるTHEMISとヨーロッパのクラスター探査機は、磁気スターゲートポータルが多くの場所に存在することを確認するのに十分な観測データを蓄積しています。
 通常、これらは遠く離れた地磁気と通過する太陽風とがぶつかり合う場所に発見される。その結果、地球と太陽の間の直接的な通路ができるのです。
 2015年3月、NASAは磁気圏マルチスケールミッション(MMS)を立ち上げ、とりわけこれらのポータルをより深く理解するための研究を任務としています。これらのほとんどは寿命の短い小さなものですが、寿命が持続するぽっかりと空いた穴のようなものも観察されています。1日のうちに何度も開いたり閉じたりして、磁力が混ざり合い、パチパチとしたエネルギー粒子が地球と太陽の間を流れていきます。NASAではXポイントと呼ばれ、極地のデータをもとに科学者たちによって特定されている。

バミューダトライアングル
 バミューダトライアングルは、おそらく最も有名なスターゲイトポータルである。3つの頂点を持つバミューダトライアングルは、「悪魔の三角形」とも呼ばれ、プエルトリコのサンファン、バミューダ島、フロリダのマイアミの間に広がる大きな深淵である。1950年末から1951年初頭にかけて、バミューダトライアングルは、巨大な軍艦や軍用機が「失われた」謎の地域であるとされ、政府や軍からは他にもっともらしい説明はなかった。1964年、ヴィンセント・H・ガディスは、バミューダトライアングルはタンカー船やジェット機の消失といった奇妙な現象が起こる場所であり、政府は理由や説明を提供する気がない、あるいは提供できない場所であると主張した。

フィラデルフィアの実験
 フィラデルフィア・エクスペリメントは、レインボー計画とも呼ばれ、アメリカ海軍の駆逐艦USSエルドリッジを敵の機器に探知されないように遮蔽することから生まれたものである。このプロジェクトは、スターゲート・ポータルの概念に基づき、ニコラ・テスラとアルベルト・アインシュタインという偉大な科学者が開発した技術的な応用を利用して行われました。
 1943年にテストが開始され、かなりの確率で成功した。実際、かつて巨大な船が立っていた場所に緑色の霧が見えたという目撃者もいた。10月下旬には、バハマでのシェイクダウンクルーズからUSSエルドリッジが姿を消すという実験が行われた。同時に、375マイル南にあるバージニア州ノーフォーク海軍基地に駐留していた水兵たちが、船が消えるまでの数分間、その姿を報告した。
 USSエルドリッジの元乗組員アルフレッド・ビーレックと、後にモントーク計画に携わることになるダンカン・キャメロンは、USSエルドリッジが超空間に閉じ込められた時にデッキから飛び降り、未来に降り立った。
 1983年、キャンプ・ヒーローに到着した2人は、超空間に閉じ込められたUSSエルドリッジの装置を破壊するため、USSエルドリッジに戻ることを命じられる。2人はそれを成功させ、甲板から飛び降り、現代に姿を現した。

 「フィラデルフィア・エクスペリメント」は映画にもなったので有名な話だが、その信憑性は定かではない。
 この記事にしても、多分に事実と妄想が入り交じっている。

 もし本当に、離れた空間の2点を結ぶポータルがあるのなら、とんでもない世紀の大発見なわけで、世界がひっくり返るような話。
 話としては面白いが、事実かどうかは怪しい。そんな大発見を大々的に公表しないのはどうしてだろう?

 まぁ、半分フィクションだから、パリティ・フィクション(partly fiction)とでも呼ぼうか。
 面白ネタだね。

(Visited 211 times, 1 visits today)