銃の扱い方を学ぶロシアの中学生

LINEで送る
Pocket

 銃についての教育は、日本でも必要かもね。
 兵役のない日本は平和だけど、いざ戦うということになったとき、銃の知識がないのは困ったことになる。

ロシアの銃の扱い方教育

ロシアの銃の扱い方教育

 軍隊や銃に対して強烈なアレルギーのある日本では、子どもに銃を持たせるのは非常識といわれるのだろう。
 その一方で、時代劇で日本刀を振り回すことには抵抗はないんだよね。あれだって、人を殺す道具なんだけど。その武道を教えるのが剣道だし、柔道は肉弾戦の戦い方。今ではただのスポーツになっているけど、ルーツは敵を倒すためのもの。

 アメリカのような銃社会も問題ではあるが、戦いになれば銃を扱える戦力にはなる。日本の場合は、自衛隊に丸投げなので、ウクライナのような市街戦になると、市民はなすすべがない。
 実銃でなくてもいいから、本物と同等の構造のモデルガンで、最低限の使い方は教えた方がいいように思う。なにも知らないよりはマシ。

 台湾では、市民も軍事訓練に参加しているという。

フォトログ:台湾住民が射撃訓練、ウクライナ侵攻「明日は我が身」 | ロイター

軍事シミュレーションでのエアソフトガン使用は人気があるが、台湾では銃の所持が厳しく規制されていることから、競技スポーツとして教えられている。だが、射撃体勢から照準に至るまで、その動作や戦術の多くは本物の戦闘に類似している。

射撃訓練を受ける人

台湾では、生まれて初めて射撃訓練を受ける人が現れている。ロシアによるウクライナ侵攻により、巨大な隣国である中国が民主的体制の台湾に同様の行動を取るのではないかという不安が高まっているからだ。写真はエアソフトガンの訓練を行う人。5月22日、新北市で撮影(2022年 ロイター/Ann Wang)

 エアソフトガンだとサバゲーではあるが、模擬訓練としては有効だろう。
 太平洋戦争中のような、竹槍で敵を迎え撃つよりは、こういう訓練の方が役に立つ。もしものときに備えるのなら、銃の知識と訓練は必要だと思う。

 余談だが、私のモデルガンコレクションはこんな感じだった。

モデルガンのコレクション

モデルガンのコレクション

 いつかくる大地震に備えて、避難訓練や備えておくべき防災グッズは、しつこいくらいいわれる。
 では、有事の際に備えておくべきことは、十分だろうか?
 「弾道ミサイルに対する避難訓練は役に立つか?」で取り上げたが、防爆姿勢もいい加減なので、これでは訓練にならない。銃器による市街戦になったときの対処法や訓練は、ほぼ皆無だ。
 白旗を揚げて降伏するのかね?
 ロシア軍を見ればわかるように、戦時下では戦わないものは殺される。

 ミサイルが足りないから、アメリカからミサイルを買う話になっているが、市街戦になったときの銃が足りないのも問題だ。自衛隊だけでは数が足りないとなったとき、市民も武装させようとしても持たせる銃がない。
 ウクライナは外国から援助があるとはいえ、市民も戦力になっているから持ちこたえている。日本だったら、1週間で陥落してしまいそうだ。

 逃げる訓練だけではなく、戦う訓練も必要だと思うね。

(Visited 58 times, 1 visits today)