アジアカップは残念な結果になった。

UAE戦を見ていて気になったのは、先発出場した選手達の自信のなさだった。どこか不安げで、おびえているように見えた。先制点を取られて、焦りもあったのだろう。攻めていても決定力が乏しいのは、長年の課題ではあるが、気迫がないというか相手の脅威になっていないように感じられた。

数多くのチャンスを作り、多くのシュートを打っても決められない。決められないから失望感とともにテンションが下がり、ミスを誘発する。まるで「シュート入らない症候群」が伝染するかのようだ。慎重になるあまり、シュートではなくパスを選択してしまう。負の連鎖に陥り、それがチーム全体に波及する。

敵は相手チームではなく、自分たちの自信のなさにあった。

W杯ブラジル大会の惨敗で崩れてしまった自信が、まだ尾を引いているように思う。試合後の選手達のインタビューを聞いていると、謙虚ではあるが消極的な発言が多いのも気になる。本田を始め、最近は強気の発言がほとんど聞かれなくなった。強気の発言をすると、メディアに叩かれるから謙虚な発言にとどめているかもしれないが、謙虚というより少々卑屈ですらある。そこまでネガティブにならなくてもいいと思うのだが、W杯での惨敗が心理的な重しになっているのだろう。

喪失した自信を、いかにして取り戻すか?

それには「勝つ」しかない。少なくともFIFAランキングで下位のチームには絶対勝つ、という意識は必要だ。現在は、それすらも危うい。
W杯ロシア大会の予選が6月から始まるが、予選は全勝するくらいの気持ちでいかないと、その先の展望が開けない。

日本チームの長所は、チームとしての連帯感や調和だが、調子のいいときはプラスに働くものの、調子が悪いときは選手全員が連動して悪くなってしまう。歯車が狂ってしまうと、ますます狂いが増幅する。

先制点を取られて逆転勝ちをした試合は、過去を遡っても少ない。逆転勝ちができるときは、チームとしての調子がよく、自信を持って戦っているときだ。
内容がよくても負けてしまうと、自信にはつながらない。逆に、内容が悪くても勝てれば自信につながる。勝っても負けても選手インタビューでは、いろいろと反省点を挙げる。それは謙虚で正直ではあるのだが、完璧な選手はいないし、完璧なサッカーなどできないのだから、勝ったときくらい勝利を誇ってもいい。勝利しても反省点から口にするという日本的な姿勢にも、問題があるように思う。

昨晩、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で、ラグビー日本代表監督のエディー・ジョーンズ氏を取り上げていた。

エディー氏の取り組み方は、サッカー日本代表にも通じるのではないかと思った。サッカーとラグビーでは、似て非なるものではあるが、体格的・精神的な弱点は共通している。エディー氏の指導のしかたは、かつてのオシム氏に似ている。日本人の長所を生かして伸ばすという点において。

アギーレ監督を解任するかどうか、後任の監督には誰がいいのか……といったことが騒がれているが、望まれる監督はエディー氏やオシム氏のような監督だろう。あるスポーツ紙の報道では、前ブラジル監督のスコラーリ氏の名前が挙がっていたが、タレント揃いのチームならまだしも、日本代表チームでは選手を活かしきれない気がする。

2018年W杯ロシア大会を目指すのは、当然の目標ではあるが、もっと先を見据えて2022年大会で8強以上に入れるようなチーム作りをした方がいいのではないか。2022年大会はカタールでの開催が予定されているものの、決定時の疑惑や気候の問題から、ほんとうに開催できるかどうかは不透明。

2022年を目標に、7年間をひとりの監督に託すくらいの覚悟が必要な気がする。そういう方向性ならば、日本人監督でもいいのではないか。岡田氏以外の日本人監督はW杯未経験なわけで、まずロシア大会でW杯を経験させ、2022年で8強を目指すという筋書き。

いずれにしても、選手の若返りは必要だ。
かつては10代でA代表入りした選手もいたが、最近はほとんどいない。ベテランは数人を残して、U23世代を中心にした方がいいね。先行投資だと思って若い世代を起用すれば、2022年には実になると思う。現在20歳の選手であれば、2022年には27歳となり、経験も積んで脂がのった歳になっているはずだ。

若手の中では、柴崎に期待したい。

柴崎岳がUAE戦後にもらした“本音”。取材エリアを素通りしなかったわけ。(1/5) [サッカー日本代表PRESS] – Number Web – ナンバー

2015年1月23日。アジアカップ準々決勝、日本対UAE戦。

思い返しても、シュートを外した後の苦い表情や、眉間に皺を寄せる選手たちの顔ばかりがよみがえる。

だが、ただ一人颯爽とピッチに登場し、冷静にプレーし続けた選手がいた。

柴崎岳。年齢に似合わぬ冷静沈着さはこれまでも語られてきたが、日本がピンチに陥った場面でさえも、彼はその自分らしさを貫いていた。

(中略)

「僕は代表としてはまだ何も成し遂げていないので、これからの展望を話すのは難しいです。ただこの20何年間、日本代表はものすごいスピードで成長してきたと思いますけど、今はある程度我慢する時期に差し掛かっているのかなと考えたりもします。なかなかW杯でも結果が出なかったり、今回の大会でもベスト8で負けてしまった。非常に難しい時期なのかなと思います。」

若いのに、しっかりと先が見えている印象。
遠藤の経験は捨てがたいが、柴崎がこれからは中心になるだろう。若手の台頭をうながすには、若手を起用する必要がある。W杯ブラジル大会経験組は、そこそこ計算できるためアジアカップでも先発として起用したのだろうが、その手がもはや限界であることが今回のアジアカップで露呈した。ベテランは切り札として残し、主要メンバーは若手に一気に切り替えるくらいの荒治療が必要かもね。

それをやると、2014年10月14日の親善試合、ブラジル戦のような結果になるかもしれないが、それを恐れていたら世代交代はできない。

経験はプラスになる場合とマイナスになる場合がある。W杯ブラジル大会経験組は、惨敗の苦い……というより痛い経験をしたが、それがいまだに癒えず、後遺症を残していると思う。ブラジル大会に出ていない若手は、試合をテレビで見ていても、直接的な傷を負ってはいない分だけ影響が少ない。

遠藤、本田、香川をスーパーサブとして起用し、先発は若手主体でいく。苦戦はするだろうが、それでも勝てるチームになっていかないと、ロシア大会での善戦は期待できないと思う。

キャプテンの長谷部は、「若い選手の突き上げ、成長が足りない気がする。そういう意味でもっと若い選手が出てきてほしい」と語っているそうだが、劇的に成長できるのは若いうちだ。27歳以上のベテラン勢は現状を維持するのが精一杯。本田は、なんだかんだいっても一番活躍した選手ではあるが、おそらく今がピーク。ブラジルは若いネイマールが主軸になっていることを考えれば、日本もU23世代が活躍するようにならないと未来は暗い。

アジアカップでの敗退は、啓示であり、転機だ。
監督の進退も問題ではあるが、誰が監督をするにしても、チームの大改造は必須。目先の勝利ではなく、2022年を見据えて欲しい。

最後に、余談だが……
【サッカー】日本代表の進歩は、何歩進んだか……で、古い記事のFIFAランキングに基づく偏差値を参照したが、最新版のFIAFAランキングから偏差値を求めてみた。

▼2015年1月現在のFIAFAランキングデータに基づく、偏差値。 ※表は長いので飛ばしてください(^^;)

獲得ポイント
国名
2015年1月のFIFAランキング
偏差値
1725 ドイツ 1 84.1807556969
1538 アルゼンチン 2 78.070981556
1450 コロンビア 3 75.1957937249
1417 4 74.1175982883
1374 オランダ 5 72.7126769617
1316 ブラジル 6 70.8176668004
1160 フランス 7 65.720742918
1160 ポルトガル 7 65.720742918
1142 スペイン 9 65.1326363162
1135 ウルグアイ 10 64.9039281933
1103 イタリア 11 63.8584053457
1091 スイス 12 63.4663342778
1032 イングランド 13 61.5386515274
1016 チリ 14 61.0158901036
1014 ルーマニア 15 60.9505449256
995 コスタリカ 16 60.3297657348
987 チェコ共和国 17 60.0683850229
948 アルジェリア 18 58.7941540523
946 クロアチア 19 58.7288088744
913 メキシコ 20 57.6506134377
891< /font> スロバキア 21 56.9318164799
873 チュニジア 22 56.3437098781
863 オーストリア 23 56.0169839883
856 ギリシャ 24 55.7882758653
854 ウクライナ 25 55.7229306873
852 エクアドル 26 55.6575855094
836 アメリカ合衆国 27 55.1348240855
833 28 55.0368063186
817 ボスニア・ヘルツェゴビナ 29 54.5140448947
804 デンマーク 30 54.0893012379
789 ロシア 31 53.5992124031
788 イスラエル 32 53.5665398141
761 アイスランド 33 52.6843799114
748 ウェールズ 34 52.2596362545
734 セネガル 35 51.8022200086
729 スコットランド 36 51.6388570637
714 ガーナ 37 51.1487682289
713 セルビア 38 51.1160956399
706 ギニア 39 50.8873875169
693 カーボベルデ 40 50.4626438601
680 ポーランド 41 50.0379002032
665 カメルーン 42 49.5478113684
654 43 49.1884128895
646 スウェーデン 44 48.9270321776
632 45 48.4696159317
622 46 48.1428900419
615 北アイルランド 47 47.9141819189
604 トルコ 48 47.55478344
603 マリ 49 47.5221108511
594 ザンビア 50 47.2280575502
588 イラン 51 47.0320220162
587 南アフリカ 52 46.9993494272
565 ペルー 53 46.2805524695
563 日本 54 46.2152072915
551 トリニダード・トバゴ 55 45.8231362236
551 パナマ 55 45.8231362236
548 コンゴ民主共和国 57 45.7251184567
543 アルバニア 58 45.5617555117
537 モンテネグロ 59 45.3657199778
531 エジプト 60 45.1696844438
529 コンゴ 61 45.1043392659
527 トーゴ 62 45.0389940879
527 ガボン 62 45.0389940879
523 ブルキナファソ 64 44.9083037319
519 アイルランド 65 44.777613376
506 ブルガリア 66 44.3528697191
500 ノルウェー 67 44.1568341852
494 ルワンダ 68 43.9607986512
487 韓国 69 43.7320905283
468 フィンランド 70 43.1113113375
464 ウズベキスタン 71 42.9806209816
460 ホンジュラス 72 42.8499306256
458 ハイチ 73 42.7845854476
458 グアテマラ 73 42.7845854476
449 ジャマイカ 75 42.4905321467
442 76 42.2618240238
441 ウガンダ 77 42.2291514348
437 リビア 78 42.0984610789
436 アルメニア 79 42.0657884899
408 アラブ首長国連邦 80 41.1509559982
404 アンゴラ 81 41.0202656422
393 モロッコ 82 40.6608671633
382 エストニア 83 40.3014686844
375 84 40.0727605615
374 シエラレオネ 85 40.0400879725
372 キプロス 86 39.9747427946
370 ベネズエラ 87 39.9093976166
361 マラウイ 88 39.6153443157
359 ベナン 89 39.5499991377
358 エルサルバドル 90 39.5173265487
355 リトアニア 91 39.4193087817
347 カタール 92 39.1579280698
346 オマーン 93 39.1252554808
346 ヨルダン 93 39.1252554808
344 アンチグア・バーブーダ 95 39.0599103029
339 ラトビア 96 38.8965473579
339 96 38.8965473579
332 モザンビーク 98 38.667839235
331 ベラルーシ 99 38.635166646
329 オーストラリア 100 38.569821468


現状、偏差値は約46.2だが、2008年6月のときが約51.1だったのに比べると、約5ポイントダウン。順位が下がっているから当然ではあるが、偏差値が50以上、60に近づくようにならないと、世界との差は埋まらない。
FIFAランキングが何位であるかを問題にするよりも、偏差値を60にいかに近づけるかを目安にした方がいい。
ちなみに、杉山氏が「弱小」とこき下ろしたコスタリカは、偏差値60を超えている(^_^)。いまや、日本より格上だ。

日本の過去最高のFIFAランキングは1998年3月の9位なのだが、当時と現在ではポイントの算出方法が違うので、順位だけでは比較できない。1998年といえば、フランス大会に出た年だ。
そのデータをもとに偏差値を出すと、相対的な比較ができる。

▼1998年3月のFIFAランキングをもとに偏差値を求める。

獲得ポイント
国名
1998年3月のFIFAランキング
偏差値
72 ブラジル 1 76.5194638841
66 ドイツ 2 70.3783298314
62 チェコ 3 66.284240463
61 メキシコ 4 65.2607181209
60 イングランド 5 64.2371957788
60 オランダ 6 64.2371957788
59 アルゼンチン 7 63.2136734367
59 チリ 7 63.2136734367
58 日本 9 62.1901510946
58 ノルウェー 10 62.1901510946
58 モロッコ 11 62.1901510946
58 ユーゴスラビア連邦共和国 12 62.1901510946
58 イタリア 13 62.1901510946
58 フランス 14 62.1901510946
57 ルーマニア 15 61.1666287524
57 アメリカ合衆国 16 61.1666287524
57 コロンビア 17 61.1666287524
56 クロアチア 18 60.1431064103
56 ザンビア 19 60.1431064103
56 南アフリカ 20 60.1431064103


計算上は100位までデータを参照しているが、とりあえず20位まで表示。

このときの日本の偏差値は約62.2で、60を超えていた。しかし、現在のFIFAランキングに当てはめてみると、偏差値62.2は12位~13位の間になる。
13位というと、2005年7月に達成している順位だ。2005年はジーコ監督の時代だったが、当時は最強のメンバーだといわれていたのは、あながち間違ってはいなかった。このときの偏差値を同様に求めてみると、約61.14となった。

ポイントの算出方法が違っていても、偏差値で比べるとほぼ同等のレベルなので、相対的な比較をするのに偏差値は有効だと思う。
とりあえず、偏差値60を目指せ!(^_^)

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア