アニメやゲームは、なにかと批判されてきた。
 これは今に始まったことではなく、かつて私が子供の頃は、マンガやテレビが青少年に好ましくないと批判されてきた。
 最近では、インターネットに氾濫する情報も批判の対象に加わった。

 なんでもありなのは問題だが、なんでも規制するのも問題だろう。
 線引きは必要だが、線引きの根拠が明確である必要がある。
 しかし、誰がその線引きをするのかで、評価は大きく変わる。
 えてして、線引きは漠然としたイメージで行われ、根拠は曖昧だ。
 そんな記事。
「エロゲーで人間性失う」 規制求め請願 円議員の掲示板に批判数百件 – ITmedia News

 円議員らが提出したのは「美少女アダルトアニメ雑誌とゲームの製造・販売の規制法制定に関する請願」で、「街中に氾濫(はんらん)している美少女アダルトアニメ雑誌やゲームは、小学生の少女をイメージしているものが多く、このようなゲームに誘われた青少年の多くは知らず知らずのうちに心を破壊され、人間性を失っており、既に幼い少女が連れ去られ殺害される事件が起きている」と指摘。「幼い少女たちを危険に晒(さら)す社会をつくり出していることは明らかで、表現の自由以前の問題である。社会倫理を持ち合わせていない企業利潤追求のみのために、幼い少女を危険に晒している商品を規制するため、罰則を伴った法律の制定を急ぐ必要がある」と、罰則をともなう法規制を求めている。

 記事から読み取れることは、「エロゲー=性犯罪」という図式だ。
 議員の発言を全部書いているわけではないから、誤解があるかもしれないが、エロゲーが性犯罪の元凶であるといっていることは間違いないようだ。
 重要なのは、現実にエロゲーが性犯罪を誘発しているかどうかの根拠を示すことだ。
 具体的な数字として、エロゲーをする人間が何人いて、そのうち何人が性犯罪を起こしたという、因果関係を特定することだ。
 記事中に

平成19年に摘発した児童虐待事件は前年比1%増の300件、わいせつな画像を撮影されるなどの児童ポルノ事件の被害に遭った児童(18歳未満)は同20.2%増の304人

 とあるが、そのすべてがエロゲーのユーザーなのか?
 おそらく、エロゲーをしたことのあるユーザーは、数万人~数十万人はいると思う。(ゲームの販売数の参考資料)そのくらいいないと、エロゲーでも商売にはならないだろう。それに対して、事件数が少なすぎはしないか?
 エロゲーやアダルトアニメが諸悪の根源で、「エロゲーで人間性失う」という論理で語るなら、数万人規模で犯罪が起きていないと理屈に合わない。
 そもそもエロとはなにか?……という基準も問題だ。裸が出てくるだけでエロなのか? 下着が見えたらエロなのか? それを言い出したら、テレビドラマでもエッチなシーンは当たり前のように出てくるし、それらもエロには違いない。
 「エロかわいい」なんていう言葉も流行ったりしたが、倖田來未もエロなのか?

 事件が報道されるとき、それがあたかも社会の風潮であるかのように、誇張された印象で扱われる。最近の若者は……、最近の子供達は……と、数件の似たような事件が発生すると、それがすべての青少年に起きているかのような錯覚に陥る。
 硫化水素自殺にしても、テレビで大きく取り上げなければ、これほど広がることはなかったかもしない。インターネットにその情報があったとしても、そんな情報があることを教えたのはマスメディアだろう。
 つい先日は、農薬のクロロピクリンを使った自殺で、病院の医師や患者が巻き添えになった事件があった。そのときのNHKのニュースでは、使われた農薬を紹介し、どういう効果があるのかと、丁寧に説明していた。
 これでは、自殺や殺害に使えるレシピを教えているようなものだ。模倣犯を助長しているとしか思えない。

 「エロゲーで人間性失う」というのと、似たような記事が他にもある。
世界的に事件や騒ぎを引き起こす『デスノート』、映画が米国で公開 | WIRED VISION

金子監督は、作品をめぐって論争が起きているのは滑稽だと思う、と述べている。

「この映画を観るのを防げば子どもたちが良くなるのなら、なぜ、すべての悪いニュースを見せないようにしないのだろうか?」と金子監督は述べている。

 監督がいうように、滑稽な話だ。
 デスノートよりも過激な殺人の映画はくさるほどあるし、現実の殺人で最たるものは戦争である。
 アメリカはイラクで大量殺人……もはや虐殺といっていいほどの人々を殺している。
asahi.com:イラク死者「推定65万人」 米など研究グループが統計 – イラク情勢特集

03年3月のイラク戦争開戦から今年6月までの紛争によるイラク人の死者数は、約65万5000人に達する

 一握りの異常者による殺人よりも、はるかに異常である。その異常な殺人を、国家が公然と行っているのだ。問題にするべきはフィクションの殺人ではなく、現実の戦争の方だ。

 「エロゲーで人間性失う」
 この言葉は、迷言だ。
 そもそも「人間性」とはなにか?
 エロのない……性欲のない人間が、人間性が優れた人間なのか?
 議員は潔癖性なのだろう。性欲やセックスが汚いものだと思っているのだろうか?
 つきつめていけば、エロゲーが悪い→エロゲーを禁止→エロそのものが悪い→エロをすべて排除→性に興味を持たせるのが悪い→性に関する情報を封印→性欲を持つのが悪い→男女が一緒にいるのが悪い→男女を隔離→男の性欲をなくすために去勢しろ→性欲を司る脳の部位を切除しろ……と、理想の人間性を実現するまで突き進むのか? 脳の一部を切除するロボトミー手術は、かつてアメリカで更正手段として実際に行われていた。
 議員の人間性が、いかほどのものなのか、問いたいところだ。

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn