「スタートレック:ピカード」完結、そして…

LINEで送る
Pocket

 3シーズン続いたピカードが完結した。
 懐かしのキャラクターが多く出てきて、楽しいシリーズだった。物語は、いつか終わるものだが、もう彼らに会えないと思うと寂しいものだ。

 ラストのラストにQが登場して、なにやら意味深なことを告げた。
 シーズン4の予定はないようなのだが、セブンを艦長とするエンタープライズGの新たな物語を予感させる終わり方だった。

 スタートレックのスピンオフとしては、「セクション31」の制作が予告されている。

ミシェル・ヨー、「スター・トレック」新映画で復帰主演 ─ 『スター・トレック:セクション31』決定 | THE RIVER

2023年(第95回)アカデミー賞にて『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』(2022)の演技で、アジア人初となる主演賞に輝いたミシェル・ヨー。映画史に偉業を残したヨーが、「スター・トレック:ディスカバリー」シーズン1~3で演じたフィリッパ・ジョージャウ役で、米Paramount+の映画『スター・トレック:セクション31(原題)』に主役として復帰することが明らかとなった。米Deadlineが報じている。

スター・トレック:ディスカバリー

スター・トレック:ディスカバリー

 これはこれで楽しみではある。

 ピカードのその後の展開について、海外サイトに噂がいろいろと出ている。
 そのうちのいくつかを拾って翻訳しておこう。

Star Trek: Picard Season 4 – Everything We Know

Star Trek Picard

スタートレックはピカードのシーズン4を作るのか?

スタートレック:ピカード』シーズン3のにもかかわらず、現在、同シリーズのシーズン4制作の予定はない。パトリック・スチュワートは82歳で、現代のテレビ番組制作スケジュールのストレスが、番組の3シーズンにわたって彼に肉体的負担を与えたことを認めています。スチュワートとプロデューサーは、『スター・トレック:ピカード』を3シーズン放送するつもりでいた。シーズン3のフィナーレは、TNGシリーズのフィナーレである「All Good Things」を彷彿とさせ、ポーカーゲームで和やかな雰囲気に包まれており、おそらくこれで終わりと思われる。

ピカードは映画化されるのか、それとも『スター・トレック:レガシー』か?

スタートレック:ピカード』シーズン4のは低いものの、『スタートレック:ネクストジェネレーション』のキャストの多くは、何らかの形でこのフランチャイズに復帰する意思を表明しています。パトリック・スチュワートでさえ、TNGのクルーと最後の映画を作ることを示唆した。ピカード・シーズン3のフィナーレ “The Last Generation “では、プロデューサーのテリー・マタラスが提案するスピンオフ『Star Trek: Legacy』を明確に設定し、セブンオブナイン(ジェリ・ライアン)が新たに改名したUSSエンタープライズGの艦長に就任することになっています。TNGのキャスト全員(パトリック・スチュワートも含む)は、ストーリーが十分であれば、レガシーに喜んで再出演またはゲスト出演することを示唆している。

TNG俳優のピカード・シーズン4への出演状況

スタートレック:ピカード』シーズン3フィナーレ “The Last Generation “の嬉しい驚きの一つは、『スタートレック:ネクストジェネレーション』の全キャストが生き残ったことです。また、彼らは全員、ピカードシーズン4やスタートレック:レガシーの新シリーズに復帰することが非常に容易なポジションにいることになる。ジョナサン・フレイクスは、ライカー役で復帰するだけでなく、『スター・トレック』新シリーズの企画にも協力したいと表明している。また、ジョーディ・ラ・フォージ(ルヴァー・バートン)がUSSエンタープライズ-Gに乗る娘のシドニー・ラ・フォージ中尉(アシュレイ・シャープ・チェスナット)を訪ねるために時々顔を出すことも間違いなさそうです。

スタートレック:ピカード』シーズン4が実現すれば、いつリリースできるか

スタートレック:ピカード』シーズン4が実現するとしたら、何年も先のことになりそうです。パラマウントはスタートレックのコンテンツをかなり充実させており、人気の『スタートレック:ストレンジ・ニュー・ワールズ』はすでにシーズン2と3の更新が決定している。ティーン向けの『艦隊アカデミー』シリーズは2024年に製作される予定で、ミシェル・ヨーの『セクション31』も活発に企画中です。製作スケジュールの現実と、イベント映画とミニシリーズに集中するパラマウントの新しいリリース戦略により、『スター・トレック:ピカード』シーズン4と『スター・トレック:レガシー』のデビューシーズンが2025年より早く公開されることはなさそうです。

ビバリー&ジャック・クラッシャー スタートレックのスピンオフ作品

ジャック・クラッシャーとその母親で昇進したばかりのビバリー・クラッシャー提督(ゲイツ・マクファーデン)は、『スター・トレック:ピカード』シーズン3の最後に艦隊に加わる前、彼らの物語はスピンオフシリーズの格好の素材だと感じていました。艦隊の外で20年間を過ごし、連邦宇宙の最も遠い場所で人々を助けてきたビバリー・クラッシャーは、『スター・トレック:ネクスト・ジェネレーション』の時代から明らかにたくましくなっており、おそらく彼女が置かれた悲惨な状況のためだと思われる。ピカード・シーズン3以前のビバリーとジャックの仕事に焦点を当てたスタートレック番組は、取り残された人々に焦点を当てることで、25世紀の宇宙艦隊がいかにミッションを改善できるかを探る理想的な方法かもしれません。

ジャック・クラッシャーは明らかに別のスタートレックのスピンオフ作品の主役として設定されているため、彼とビバリーが幸運の兵士としてフルシーズンを過ごすというのは、あり得ない話である。しかし、最近発表されたセクション31の映画では、銀河系全体を脅かす生物やウイルスのような壊滅的な医療災害に直面するビバリーとジャックの映画の可能性がある。ピカードのフィナーレでビバリーが言ったように、「この20年間にいろいろなことがあった」のであり、彼女の人生のこの時期についてもっと知ることができたら魅力的だろう。

スター・トレック:プロジェクト・フェニックス

デイストローム・ステーションのイースターエッグで、ジェームズ・T・カーク船長(ウィリアム・シャトナー)の遺体が保管されていることが明らかになりました。不気味ではあるが、ベリディアンIII号で起こった出来事を艦隊が公表しないのは、完全に理にかなっている。カークは『スター・トレック:ジェネレーションズ』で、ドクター・トリアン・ソラン(マルコム・マクダウェル)が自分の夢がすべて叶う領域であるネクサスに入るために必になって大災害を起こしそうになったときに殺された。もし、カークのような宇宙艦隊の伝説的人物が過去78年間どこにいたかという情報がネクサスであれば、あらゆる狂信者がネクサスへの道を自ら求めるようになり、宇宙を著しくにさらすことになる。

カークの遺体は、プロジェクト・フェニックスと呼ばれるものの一部としてデイストロムに保管されていたが、その詳細は不明である。これは投げやりな言及であろうし、ウィリアム・シャトナーが実質的にカーク役に復帰する可能性は低い。しかし、カークのネクサスからの再出現、彼の死、ネクサスの存在を秘密にしようとする艦隊の試みを調査するスタートレックの番組や映画は、フランチャイズの最も偉大な科学者たちと最も秘密裏に活動する工作員たちが登場する魅力的なスタートレックのスピンオフ作品のプロットとなり得る。

スタートレック:TNGの最終作

スタートレック:ピカード』シーズン3で再集結したことで、TNGのオリジナル・クルーの多くが番組に対して抱いている情熱が再燃しています。ルヴァー・バートンやゲイツ・マクファデンのような俳優たちは、もう一度自分の役を演じたいと語り、パトリック・スチュワートもジャン=リュック・ピカード提督としての再出演の可能性に「絶対にないとは言えない」と述べている。パラマウント+がスタートレックのオリジナル映画の製作に乗り出した今、TNGの再演に対する好意的な反応を基にした機会を設けることは非常に理にかなっているが、それを行うには強い物語上の理由が必要である。

結局のところ、『スター・トレック ピカード シーズン3』は、メインキャストの包括的なストーリーを満足のいく形で完璧にまとめており、すでにTNGの最終作と言える。例えば、データ(ブレント・スパイナー)は新しい人工の体を通して、人間とは何かをついに体験することになり、ウォーフ船長(マイケル・ドーン)はクリンゴンの遺産と連邦への忠誠心を和解させ、その結果、より中心的な存在になった。『スター・トレック:ピカード』の結末を安っぽくすることなく、また新たな冒険のために全員を集めるには、納得のいく理由がなければならない。その理由が何であるかに取り組むには何年もかかり、『スター・トレック:ネクスト・ジェネレーション』の映画化はありえないが、不可能ではないだろうと思わせる。

スター・トレック:レガシー

スタートレック:ピカード』シーズン3は、セブンとラフィのスピンオフやUSSタイタン-Aのスピンオフを望むファンに、両キャラクターを改名したタイタンの責任者にすることで、両方の世界のベストを提供しました。USSエンタープライズGの艦長として、セブンがテリー・マタラスの提案する「スタートレック:レガシー」シリーズの中心になるのは当然の結論です。この番組はまだ企画中ではありませんが、マタラスは『ピカード』シーズン3の最後の瞬間にかなりの設定を行い、アレックス・カーツマンにボールを渡しました。

新エンタープライズには、シドニー・ラ・フォージ少尉(アシュレイ・シャープ・チェスナット)、バジャロー人の士官マシュー・アーリス・ムラ中尉(ジョセフ・リー)など、信じられないほど好感の持てるクルーがすでに乗船しています。さらに、リアム・ショー艦長(トッド・スタッシュウィック)は、セブン・オブ・ナインを艦長の椅子に推薦する際、艦隊を近代化する人材として据えたのである。また、ポストクレジットのシーンでQ(ジョン・デ・ランシー)が復活したことで、ジャック・クラッシャー少尉がが進行中の裁判の新しい弁護人になることが決まりました。これらすべてのピースが揃った『スター・トレック:レガシー』は、『スター・トレック:ピカード シーズン3』の続きとして、最も明白で、最もエキサイティングな可能性を持っている。

 ……ということで、いろいろと噂や希望的観測はあるが、セブンが艦長となる「スター・トレック:レガシー」に期待したいね。

 とりあえず、「セクション31」と「艦隊アカデミー」は制作されそうなので、楽しみに待っていたい。

(Visited 57 times, 1 visits today)