日本の著名人たちに「新型バカウイルス」が蔓延か?

日本の著名人たちに「新型バカウイルス」が蔓延か?

ファクターXの提唱者の山中教授だが、なにやらおかしな発言をし始めたようだ。
日本の良識ある頭脳と権威である山中教授……。
なにがあった?
大丈夫か?

山中伸弥氏の「コロナ10万人死亡説」は大丈夫か – アゴラ

「何十万人が亡くなってしまう」とか「10万人以上の方がなくなる」という話はアバウトだが、おそらく「何もしないと10万人から40万人が死亡する」と山中氏は思っているのだろう。

「日本なんか比べものにならないぐらいの対策をやったアメリカで13万人死んだから日本はそれ以上死ぬ」という論理は逆だ。人口で比例配分すると日本でも5万人死ぬはずだが、現実の死者は1000人弱。アメリカより「丸腰」に近い日本で、死者がこれから50倍以上に爆発することはありえない。

山中氏が「何もしなかったら」を繰り返しているのをみると、彼も西浦氏のトリックに引っかかっているようにみえる。丸腰の死者というのは統計に存在しない仮想の数字だから、それを大きく設定すれば感染症対策の効果はいくらでも大きくなる。

私も池田氏の意見に同感。
日本でこれから10万人が死ぬようなことは、ありえない
記事中にも書かれているように、日本の人口(1億2593万人)に対して、アメリカの人口(3.282億人)は、約2.6倍。そのアメリカでの新型コロナの死者数は、13万6621人(2020年7月13日現在)。
人口がアメリカより少ない日本で、アメリカと同等かそれ以上の死者が出るはずがない。同じウイルスであれば、致死率はあまり変わらないはずだからだ。
これは単純に算数の問題だ。
小学生でも計算できる。
山中教授に計算できないわけがない。
ほんとに、大丈夫か?

現状、日本はゆるい対策なのに死者は約1000人、アメリカは厳しい対策をしたのに死者は約13万人、つまり日本に比べてアメリカは130倍になっている。
この差はなんなのかというのはさておき。
仮に日本で10万人の死者が出るとしたら、新型コロナが凶悪に強毒化した場合(致死率50%とか)だろうから、アメリカでは1300万人の死者が出ることになる。最悪の想定というのは、いくらでも最悪を想定できるから、可能性がゼロではない。しかし、現実的には起こりえないだろう。

ファクターXを探っていた山中教授なのだから、「日本は新型コロナに強い」というのかと思ったら、逆走……というか暴走している。
ファクターXの追求はやめてしまったのか?
政府の有識者会議の委員になったことで、政府寄りの発言にシフトチェンジしたのか?
この発言には、とても失望した。

野党は口先ばっかり、批判ばっかりで、実行力はないし責任を取る必要もないからいいたい放題なのだが……。

枝野氏、東京に緊急事態再発令を 「放置許されない」(共同通信) – Yahoo!ニュース

立憲民主党の枝野幸男代表は12日、新型コロナウイルスの新規感染者が増加している東京都を対象に、緊急事態宣言を再発令すべきだとの認識を示した。視察先の千葉市内で記者団に「何もせずに放置している状況は許されない。少なくとも東京を中心にして緊急事態宣言を出すべき客観的な状況だ」と述べた。

枝野氏よ、おまえもか?
実態をちゃんと分析して、リスク評価をしているのか? 目先の新規感染者200人超えというトリックに惑わされるな。
与党を批判するために、危機でもない状況で危機感をあおるのは、バカである。

新型コロナよりも、経済を止めて、経済的な死を招くことの方がマシだと?
新型コロナによって、失業者が増えても、自殺者が出ても、新型コロナに感染するよりはマシだと?
立憲民主党は与党批判以外に、なにをしてくれるんだ?

ああそうか、これは「新型バカウイルス」なのかもしれない。

どいつもこいつも、簡単なかけ算・わり算もできないほど、バカになってしまったのか?
著名人で世間に対して影響力のある人たちが「新型バカウイルス症」にかかってしまったら、ますます「新型バカウイルス」が蔓延してしまう。これはコンピュータウイルスのように、脳のシステムに感染するマインドウイルスだ(^o^)。そのため、テレビやネットを介して伝染する。

新型バカウイルスに感染すると、思考力が低下し、冷静な判断力を失い、ありえない幻想を主張するようになる。……というところか。

森永卓郎氏も、「新型バカウイルス」に感染したようだ。

コロナ第二波か… 森永卓郎氏が危機感「いますぐ東京23区を封鎖すべき」 | PHPオンライン 衆知|PHP研究所

新型コロナウイルスの感染者数が再び増えている。経済への影響を考えると、感染第2波に備え速やかな対策が急務である。

経済アナリストであり獨協大学教授の森永卓郎氏は、「緊急事態宣言」発令時の教訓を踏まえ、「東京23区を封鎖すべき」と断言する。その根拠は何か?

(中略)

もちろん、東京23区だけ封鎖という戦略が本当に正しいのか、断言することはできません。根拠となる地域別の詳細な感染データがないからです。

しかし日本は都市の封鎖をせずに、感染拡大が抑えられなかったのは事実でしょう。これに対して、「日本は、海外のように都市封鎖ができる法体系になっていないから、政府ができることが限られている」という声も聞きました。

ロックダウンをした欧州やアメリカなどの、その効果についての検証では賛否がある。
そもそもロックダウンを実行する以前に、市中感染は広がっていたので、すでに手遅れだったという説。

一定の効果があったというのは、ロックダウンによって人の移動が制限されたので、封鎖された地域の中だけで感染が終息するという説。死亡率が0.1%だとすれば、1000万人の都市では1万人が死ぬことになるが、それ以上にはならない。となると、ロックダウンが成功したようにも解釈できる。

現状の東京で、東京23区を封鎖するなど、過剰反応でしかない。
たかだか数百人の感染者で都市を封鎖していたら、年中封鎖しなくてはいけなくなる。
何度も書いているが、毎年のインフルエンザでは1000万人が感染し1万人が亡くなる。ピーク時には、1日の死者数が50〜100人にもなる。ワクチンや治療薬があっても、この数なのだ。

これからは新型コロナの感染者数と死者数の日報に加えて、インフルエンザの日報も出して欲しい。
9月頃からインフルエンザの感染者は出てくるが、その感染者数を日々追っかけるといい。1日数百人、数千人、数万人という感染者が出てくるようになる。
仮に、市・区単位でインフルエンザの新規感染者が200人出たら、その自治体は封鎖としよう。ピーク時期となる12月〜2月は、日本のあちこちの自治体が封鎖することになる。
そんなことが可能なのか?
それをやったら、日本経済はボロボロになる。経済学者なんだから、そんなことはわかりきってるだろうに。

いままでは、そういうことはしてこなかった。
これからはロックダウンを積極的にやるのかね?

感染症による死者よりも、経済的に死ぬ人の多くなるのではないか?
経済よりも健康……というと、聞こえはいいが、経済的な死は肉体的な死に直結する。

第二波……と、多くの人が恐れている。
新型コロナの第二波は、それほど恐れる必要はない。なぜなら、9割の人は軽症で済む。
しかし、本当に恐いのは、経済的な困窮の第二波ではないのか?
なんだかんだいっても、金がなければ食えないし生きていけない。苦しい立場に置かれるのは、経済的弱者であり貧困層だ。裕福な人たちは、ロックダウンしてもダメージは少ない。

見方を変えれば、ロックダウンは富裕層の健康のために、貧困層を犠牲にするということでもある。貧困層が感染症で死のうが、貧乏で死のうが、富裕層にとっては関係ない。安易に東京23区を封鎖などという森永氏は、富裕層側の人間だということ。

どいつもこいつも……と、こうなってしまうのは、マスコミが恐怖感と危機感を過剰にあおるからだ。
言い換えるなら、マスコミはパニック増幅装置と化している。
大変だ、大変だ……と、実際は小さなことなのに、大騒ぎしてしまう。一種のヤラセだよ。

新型コロナより「新型バカウイルス」の方が深刻な気がする。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア