LEDの光でコロナ治療?

LINEで送る
Pocket

LEDの光でコロナ治療?

コロナ治療法として画期的かもしれない研究成果のニュース。
LEDの光を一定時間照射するだけで、COVID-19のウイルスを除去できるという。
室内や物に対して深紫外線でウイルスを不活性化、というのはあったが、治療に使うというは初めてかも。

「光でコロナ治療…LED照らしたらデルタ株99.9%消えた」(中央日報日本語版) – Yahoo!ニュース

1日(現地時間)、フォーブスによると、米ノースカロライナ州の医療機器メーカーのエミットバイオ(EmitBio)が発光ダイオード(LED)の光で人の気道の組織にあるデルタ株99.9%を除去したと発表した。報道によると、エミットバイオのニール・ハンター代表は「光だけでコロナ患者を治療すると言えば、大手製薬会社や政府機関は信じられないだろう」とし「しかし、31人を対象に、呼吸器細胞の3日間、LEDの光を5分ずつ1日2回照らしたところ、デルタ株がすべて消えた」と主張した。

ハンター代表は「LEDは、特定の周波数だけを選んで使用する」とし、「患者の鼻の奥やのどにLEDの光を当てると、ウイルスを殺し、免疫反応を促進する」と説明した。また、「特に軽症患者に効果的」とし「LED治療は自宅でも十分に受けることができる」と述べた。

詳しいことが書かれていないので、元ネタを探した。
以下、翻訳した。

This Company Wants To Treat Mild Cases Of Covid With LED Lights

COVID-19の軽症を治療しようとする企業

医療機器メーカーのEmitBio社は、特定の光の周波数を使ってコロナウイルスを抑えることができるという装置のテストを行っています。

COVID-19のパンデミックに対する最大の武器は、前例のない速さで開発されたワクチンです。しかし、世界中で感染者が続出している今、より多くの治療法、特にまだ症状の軽い人を病院に入れないようにするための治療法が求められています。

そこで注目されているのが、ノースカロライナ州ダーラムにあるEmitBio社です。EmitBio社は、照明に使われているのと同じ技術であるLEDを使って、光を照射する携帯型の装置を開発しました。これらの特定波長の光を患者の鼻や喉の奥に照射することで、ウイルスを死滅させ、免疫反応を起こします。モノクローナル抗体のように医師の診察を受けなければならない治療法とは異なり、COVID-19の症状が軽い場合には、自宅で使用することができます。

光だけで病気を治療するというのは、あまりにも安易な話だと思われるかもしれませんが、エミットバイオ社の取締役会長であるニール・ハンター氏(59歳)は驚きません。「(装置を)飲み込むのが大変です」と彼はいいました。「大手製薬会社や政府の研究機関から見れば、信じられないような話です」。

しかし、ハンターはLED技術の可能性を誰よりもよく知っている。ハンターは、1987年に照明や半導体などを開発するCree社を共同設立した。CEOや会長を歴任した後、2005年に同社を退社した。同年、LED Lighting Fixtures社を共同設立したが、3年後に売却した。

2015年、ハンターは、多くの病状に対応する治療器具の開発を目的としたKnowBio社を共同設立しました。これまでに7,500万ドルのベンチャー資金を調達した同社は、治療分野ごとに独立した子会社を設立しており、その1つがEmitBio社です。EmitBio社の技術は、LEDが発するさまざまな周波数の光で免疫反応を刺激する研究から生まれました。COVID-19・パンデミックが発生した際、EmitBio社は、実験室で培養したヒトの肺組織で、SARS-CoV-2という病気を引き起こすウイルスに、どの周波数が影響を与えるかを調べる実験を始めました。

初期の実験結果では、LEDデバイスが実験室内のウイルス量を減少させることがわかり、一定の成果が得られました。そして水曜日、同社の実験では、1日2回、約5分間光を当てた3日間で、肺細胞内のデルタ型ウイルスを99.99%除去できたと発表しました。エミットバイオ社のチーフ・サイエンス・オフィサーであるネイト・スタスコ氏(41歳)は、「アルファ、ベータ、ガンマといったこれまでの亜種に有効であることが証明されているのと同じ技術を、デルタに対しても使用することができました」と語る。

同社では、この装置の臨床試験も開始しています。最近行われた試験では、Covid-19の軽度から中等度の症状を持つ31人の患者に、1日2回、5分間、LEDデバイスで治療を行い、患者の喉の奥に光を当てました。この試験は二重盲検プラセボ試験で、対照群の人たちは偽の装置で治療を受けました。その結果、2月に発表した試験結果では、治療を受けた患者のウイルス量が有意に減少し、対照群に比べて約2.5日早く症状が改善されたという。同社は、この研究結果の原稿を専門誌に提出し、査読を受けています。

スタスコによると、今回の成果は2つの方法で得られたと考えています。1つ目は、光が直接ウイルスに作用して、ウイルスの複製を防ぐこと。2つ目は、光の周波数が一酸化窒素の生成を誘発するというデータです。一酸化窒素は、体内の免疫システムが感染症との戦いなど、さまざまな目的で使用します。エミットバイオ社の研究以外にも、一酸化窒素によるコロナ患者の治療の可能性を探る研究がいくつか行われています。

カリフォルニア大学サンディエゴ校の感染症・国際公衆衛生学部長であるデイビー・スミス博士は、「これはもっともなメカニズムであり、上気道のウイルスを除去するのに役立ち、おそらくそれが人々の症状を良くする理由なのでしょう」と述べています。スミス博士はEmitBio社とは関係ありませんが、同社が発表したデータを確認しました。「このデータは、より大規模な研究を行うのに十分なほど有望だと思います」と彼は付け加えます。

しかし、光が届かない肺での病気の進行をどのようにして止めることができるのか、この会社のアプローチには疑問があるという。「私たちが本当に必要としているのは、人々を病院に行かせず、死なせないための何かであり、それはまさに下気道疾患のプロセスなのです」。

しかし、EmitBio社の装置を使えば、コロナに感染した人と濃厚接触した人にも役立つかもしれないと言います。「感染はほとんど上気道から始まるので、それが役に立つかもしれません」と彼は付け加えています。「決定的な研究を行う必要があるほど、十分に妥当な結果だと思います」。

EmitBio社は現在、FDA(米国食品医薬品局)に緊急使用許可を申請中ですが、その前にもっと多くのデータを提供する必要があるとStasko氏は言います。そのために、同社は最近、軽度から中等度のコロナ患者120人を対象に、前回の成功例を再現できるかどうかを確認するための別の臨床試験を開始しました。

ハンターは、EmitBio社の装置が成功すれば、他の病気の治療にも応用できると期待しています。「私たちはコロナだけでなく、すべての呼吸器感染症の治療にも影響を与えます。私たちはコロナにとどまらず、インフルエンザやその他の病気にも対応できると信じています」。

ということで、こういうのが治療現場に導入されれば、軽症患者の治療効果は高くなるかもしれない。

ただ、日本はこういった新技術や新治療方法の導入が遅いんだよね。
PCR検査でも、完全自動化の機械があるのに、積極的には導入されていない。
そうして、周回遅れになっていくんだ。

(Visited 61 times, 1 visits today)