日本人の「童貞率」が25%に上昇?


男女関係の話は、なにかと注目を集める。
著名人のスキャンダルといえば、異性関係か薬物関係が多い。
男女関係とは、つまるところsexのこと(^_^)。

童貞率に関する調査論文についての記事。

日本人の「童貞率」が25%に上昇、セックス離れが鮮明に | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

18歳から39歳の女性のうち、性交渉経験を持たない人の割合は1992年の21.7%から、2015年には24.6%に上昇した。同期間の同じ年齢層の男性の童貞率も、20%から25.8%に上昇していた。

(中略)

データを分析した論文が英国の医学ジャーナル「BMC Public Health」で公開された。論文では、男性の性交渉経験と収入の関連が指摘された。収入が最も低いグループでは、最多収入のグループと比べ、童貞率が10倍から20倍に達していた。

童貞率なんて言い方も妙な話ではある。
この論文は、いくつかのメディアに取り上げられていた。
調査対象が男女なのに、なぜ童貞率?
まぁ、厳密には男性限定ではないのだが、一般的には男性を指す言葉。
別の語義は「カトリック教の尼僧」というのもあるが、それでは意味がかけ離れてしまう。

女性を対象に処女率と書くと、女性蔑視とかいわれそうなので童貞率としたのかもしれない。しかし、男性対象の言葉だと、男性蔑視とはいわれないのもおかしな話。
余談だが、英語では男女問わず「Virgin」だ。ただし、日本語ではバージンは女性の処女を指す言葉になってしまう。

この元ネタである論文のポイントは2つ。

  1. 自己申告のアンケートによるデータであること。
  2. 童貞率と収入の格差を関連づけていること。

自己申告によるデータほど、あてにならないものはない。
人は嘘をつくからだ。
ことにプライベートなことで、人にはいえないような設問に対しては、見栄や羞恥心から嘘を答えることが多い。

バカ正直な人もいるだろうが、多少誤魔化したり、サバを読んだりするものだ。
「あなたの初体験は何歳でしたか?」
この問いに、あなたは正直に答えるだろうか?
男性は実際よりも若い年齢をいい、女性は何歳かプラスした年齢をいう傾向にある。

調査対象となったのは……

このデータは日本の国立社会保障・人口問題研究所が5年に1度実施する、「出生動向基本調査」で得られたもので、毎回1万数千人の18歳から39歳を対象にアンケート調査を行っている。

……とのことで、層化無作為抽出で行われているという。

層化無作為抽出には長所と短所があり……

長所

  • 重要な部分母集団に集中し、無関係なものを無視できる。
  • 推定の正確さを高めることができる。
  • 効率が良い。
  • 各層の仮説検定の検定力を同等にするために、サイズの異なる各層から同数のサンプルを抽出するなどの手法もある。

短所

  • 適切な層化変数(層を分ける基準)を選びづらい場合がある。
  • サブグループ内が同質といえない場合、有益でない。
  • コストがかかる可能性がある。
  • 母集団に関する正確な情報を必要とし、さもなくば偏りを生じる。

……というように、場合によっては偏りが生じる。

これは想像だが、この手の調査が突然来て、真面目に答える人というのは、そもそも母集団として偏っているのではないか?
私だったら、胡散臭くて断るな(^_^)。
無記名だとしても、自分のプライバシーを無防備に差し出すのは抵抗があるのも理由。

また、アンケートに対する回答が、本当であるかどうかの検証のしようがない。回答が嘘であっても、信用するしかない。

民間で同じような調査をしているところもある。

ニッポンのセックス2018発表!20代の童貞率が減少!?SNSでの出会いは当たり前 | ニコニコニュース

「ニッポンのセックス2018」である。

2013年に同様の調査を全国規模で行い、大きな反響を呼んだ性白書。昨年10月から11月にかけて、47都道府県(1都道府県300名)、20~60代の男女(セックス経験者のみ)14,100名を対象に調査を実施した。

調査を行ったのは、コンドームブランド〝サガミオリジナル〟でお馴染みの「相模ゴム工業」である。

あなたはセックス経験がありますか?

あなたはセックスの経験がありますか?

……ということで、年齢層の幅が60代までと広いのだが、童貞率14.2%、処女率8.8%、全体の平均Virgin率は11.5%となっている。
※注:記事中に「セックス経験者のみ」との注釈があるが、経験の有無を問うているのもあるので、その注釈は間違いかと。

調査方法が違うと、こんなにも数字が変わるという例だね。
こっちの調査では、「童貞率が下がった」という見出しになっていたりする。
どっちが実態に近いか?
なんとなく、サガミオリジナルの方が近いようにも思う。
自己申告調査の難しいところでもある。

関連して、アメリカ発の調査記事。

米少年の3.6~7.6%、「13歳までに性交渉」 調査 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

男子高校生約2万人を対象とした一つ目の調査で、13歳になるまでに性交渉を経験したと回答したのは全体の7.6%だった。一方、15~24歳の男性7700人を対象とした二つ目の調査では、この数字は3.6%だった。

(中略)

一つ目の調査では、13歳までに性交渉を経験したと回答した人の割合は、非ヒスパニック系黒人で19.0%、非ヒスパニック系白人で4.4%、ヒスパニック系で9.0%、その他で7.8%だった。

二つ目の調査では、この数字はそれぞれ非ヒスパニック系黒人で10.5%、非ヒスパニック系白人で2.2%、ヒスパニック系で3.4%、その他で1.6%だった。

いやはや、13歳って中学1年生だよね(^^;)
ませてるというか、第二次性徴期が早いというか。
第二次性徴が始まらないと、そもそも無理だからね。初めての射精を経験するのが、だいたい13歳前後だし。

日本での同様の調査は、10代、20代というようなおおざっぱな区切りのものが多く、細かな年齢を特定する調査は少ない。
なので、比較はできない。

このアメリカの調査も自己申告なので、信頼性は疑わしい。男らしさの見栄を張るために、初体験年齢を若く答えている可能性は高い。動物実験のように、客観的に観察しているわけではないからね。

話を戻して、童貞率と収入格差のこと。

相関関係はあるとは思うが、収入が少ないから童貞なのか、童貞だから収入が少ないのか、その因果関係は特定できないのでは?

男女関係も金次第……というと身も蓋もないのだが、あながち否定もできないとは思う。
不倫だ愛人だ婚外子だとスキャンダルになる人たちというのは、総じて金持ちだしね。裕福であれば、sexをする相手と機会には恵まれているのだろう。

動物の世界では、♂は♀と交尾するために、見栄えを派手にしたり、ダンスをしたり、貢ぎ物をしたり、巣を作ったりして♀の気を引く。
その本能は人間にもあり、美形はモテるし、三高(高学歴、高収入、高身長)は今でも利点になっている。そのへんは動物と変わらない。

童貞は低収入というのではなく、生物的に♂としての魅力や能力の問題なのかもしれない。

ともあれ、男女関係は難しいが、面白く、楽しくもある。
うちの妻と過ごす時間は、大切な時間だ(^_^)。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア