「非実在青少年」に関する法案の修正案が提出されたらしい。
 曖昧な表現を修正したというのだが……

「非実在青少年」は「描写された青少年」に 自公、修正案を都議会に提出へ – ITmedia News

 自公の修正案は、改正案の文言が曖昧との批判を受け、改正案で規制対象となる漫画などの18歳未満と想定されるキャラクター「非実在青少年」を「描写された青少年」に、また「青少年性的視覚描写物」を「青少年をみだりに性欲の対象として扱う図書類」に変更するなどした。

 う~む……(^_^;
 これで曖昧さがなくなったのかな?
 言い方をちょっと変えただけで、曖昧さは相変わらずだと思うが。

「描写された青少年」
 ……と、なぜ過去形なのか?
 「描写する青少年」だったらいいのか?
 また、「描写」と限定するのはなぜなのか?

 描写とは……
物の形や状態、心に感じたことなどを、言葉・絵画・音楽などによって写しあらわすこと。(大辞泉より)

 つまり、人の手によって描かれた、マンガやアニメを想定していることがうかがえる。加えて、この表現では小説などの文章表現も範疇に入るようだ。
 修正前の「青少年性的視覚描写物」では、絵や画像などの表現のみをターゲットとしていたから、拡大解釈できるようにしたわけだ。
 言葉の解釈しだいでは、「これは描写ではなく、ありのままを撮った実写だ」という言い逃れもできるような気がするのだが?

「青少年をみだりに性欲の対象として扱う図書類」
 ……というのも、いろいろな解釈が成り立つ文言だね。
 そもそも「みだりに」というのは、どこからが「みだり」なのかがわからない。

 みだりとは……
・秩序を無視するさま。自分勝手であるさま。
・軽率に、また、度を過ごして物事をするさま。むやみやたら。
・道理に反するさま。筋道が通らぬさま。(大辞泉より)

 ……とある。
 この意味からして、判断の基準は曖昧だ。
 誰かが「道理に反する」といえば、それで「みだりに」該当してしまう。
 どうして「みだりに」を入れなくてはならないのか?
「青少年を    性欲の対象として扱う図書類」
 と、しないのはなぜか?
 こうすれば、判断はもっと明確だろう。
 裸はもちろんダメ、水着もダメ、たぶんミニスカートもダメ、どうかすると肌の露出もダメ。
 性欲がなければ恋愛は成立しないから、恋愛を描いた作品もダメ、キスシーンもダメ、ましてやベッドシーンはもっとダメ。
 ……と、「みだりに」を省略すれば、規制したい人たちの目的がすべて達成できるだろうに。

 こういう規制をしたい人たちは、「性欲=悪」という価値観があるようだ。
 本来は児童ポルノを規制する目的だったはずなのだが、だんだん目的が変わってきた……というより本性を現したようだ。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア