「セクシー女優」という言い方に苦笑

LINEで送る
Pocket

「セクシー女優」という言い方に苦笑

 芸能ネタだが、目に留まった。
 「セクシー女優」ってなに?……と思ってしまった。微妙な表現というか、変なオブラートに包んでいるというか、ピンボケ写真みたいな表現。
 ストレートにAV女優、あるいはポルノ女優ではいけないのか?

三上悠亜、セクシー女優引退を発表 アイドル時代の後悔やこれまでを振り返り大号泣 | ENCOUNT

セクシー女優やインフルエンサーとして活躍する三上悠亜が13日、自身のYouTubeチャンネルを更新。セクシー女優引退を発表した。

 三上は冒頭から「引退します」と報告。「ついにこの時が来た」と心境を語った。そして、「引退理由につきましては、30歳までは続けるって決めていた」と説明した。

 その後はアイドル時代について、理想のアイドルになれず「後悔している」と吐露。その上で、「1番になる」という覚悟を持ってセクシー女優になったと明かした。

 芸能情報には疎いので、三上悠亜さんのことは知らなかった。

三上悠亜 – Wikipedia

三上 悠亜(みかみ ゆあ、本名:鬼頭 桃菜(きとう ももな)、1993年〈平成5年〉8月16日 )は、日本のAV女優、アイドル、タレント、YouTuber。 愛知県名古屋市中区出身。SKE48の元メンバーであり、2015年6月にAVデビュー。恵比寿マスカッツおよびHONEY POPCORNメンバー。S1アンバサダー。

 元アイドルグループにいたのか。
 過去記事の「劣化するアイドル(2013年2月1日付)」で、

「女路線」がエスカレートしていくのなら、ヌードだけではなく、AVデビューなんてこともあるのかも……。

 と、書いていたのだが、本当にAV業界に転身した人がいたんだね。
 アイドルは「処女性」を売りにするが、AV女優は「性」および「セックス」を売りにする。女性であることを武器にすることでは共通しているが、ベクトルとしては90度くらい違う。

 「セクシー女優」という言葉に関しては、

「セクシー女優(セクシーじょゆう)」の意味や使い方 わかりやすく解説 Weblio辞書

「セクシー女優」は一般的には「AV女優」を指す婉曲的な表現。ポルノ作品に出演する女優のこと。文字通り「セクシーな女優(性的魅力に満ちた女性俳優)」を指す表現としても使えないことはないが、語弊が大いにあるため使われる場面は想定しにくい。

 というような解説がされていたりする。
 「語弊が大いにある」というのには同感。古い例でいえば、マリリン・モンローなんかは、セクシー女優に近い呼び方がされていた。セックス・シンボルになるような女優は、みんなセクシー女優のカテゴリに入ってしまう。
 逆に、セクシー男優という呼び方があるにはあるが、一般的ではないようだ。

 ここではAV女優と呼ぶことにするが、三上悠亜さんのような人が、社会的な地位というか認知をされているのはよいことだと思う。かつては、日陰の職業だったからね。
 風俗業との関連から、女性が虐げられる環境にもなっていたから、社会的に封殺されていた。ヨーロッパではセックスワーカーとして、公的に認められている国もあるが、日本では今でもタブー視されている。セックスワーカーの中に、AV女優も含まれる。

 ネット配信が可能になって、通常の映画やドラマだけでなく、AV作品もネット配信されている現在。ビデオテープ時代と違って、AVが身近になった。身近になった分、AV女優の認知度も上がったのだろう。

 海外から見ると、日本のAVはすごい、ということになっているらしい。マンガやアニメと同じような、ポップカルチャー的に捉えられているという。ビデオ登場以前のポルノ映画時代から、ガラパゴスな展開をしてきたためだろう。
 猥褻かどうかをめぐって、裁判沙汰になった作品もあったからね。

 男女を問わず、ヌードを描写するときに、芸術であるか猥褻であるかが問題にされる。それは見る人の価値観に左右されるものであり、裸に違いがあるわけではない。
 古典的名画にはヌードの作品が多いが、絵筆で描いているか、カメラで撮っているかの違いで、本質的な違いはないに等しい。ポルノであっても、美しい裸体は、やはり美しい。ヌードの「美」には、エロの要素も含まれることを忘れてはいけない。

 三上悠亜さんの出演している作品は、ネット配信でも見られる。
 興味ある人は、検索してみるといい(^_^)

(Visited 164 times, 1 visits today)