予約してあった「FF XIII」が昨晩届いた。
 同日、ハード本体の新しいPlayStation 3(120GB)も届いた。
 PS2まではあったのだが、PS3は買っていなかった。
 FFのために買ったわけだ(^^)

 いずれPS3は買うつもりではあったが、私的に食指をそそられるゲームがなかったので、延び延びになっていた。ハードが安くなったこともあって、ようやく手に入れた。

 で、さっそくFF XIIIをやっている。
 テレビが40インチのハイビジョンだから、迫力がある。
 そういえば、ゲームに40インチを使うのは初めてだった。
 PS3とテレビは、HDMIケーブルで接続している。

 これまでのRPGやアクション系のゲームといえば、ムービーシーンとゲームシーンで、映像の質に明らかな違いがあって、違和感がつきものだった。特に、ムービーシーンに力が入っているものほど、ゲームシーンでの荒い映像は手抜きにしか見えなかった。
 それがハード的な制約であったとしても、やはり気が抜けるものだった。
 FF XIIIでは、そのギャップがかなり埋まっている。
 やはり、PS3のスペックのなせる技である。

 まだ序盤の方だが、なかなか軽快にストーリーが進む。
 雑魚をせっせと倒して、あほらしいレベル上げをしなくても、先に進めるのはいい。ザコキャラ倒しが好きな人もいるのだろうが、私はストーリーを追いたい方だ。戦闘シーンはそこそこでいいから、さくさくと先に進みたいのだ。
 簡単すぎる……という不満も出てきそうではあるが、FF XIIIは、どちらかというと美しい映像とストーリーを楽しむことに主眼があるようだ。
 あえていえば、・ムービーというところか。

 ゲーム中、2回ほど、画面がブラックアウトした(^^;)
 どうやら、フリーズしたようで、これはバグか?
 電源を落として再起動しないと復活しなかった。

 CGの人物モデリングは、なかなかの出来映え。
 アニメ的な味付けで、誇張されたリアルな描写という感じだ。肉感的というよりは、プラスチックなフィギュア的な質感。まぁ、それはゲームテイストの雰囲気としては合っているようにも思う。
 ただ、表情や動作の部分では、ややクサイ芝居だ。
 モーションアクターの問題かもしれないが、もう少し、ナチュラルな芝居にするか、逆にもっとオーバーアクションにするか……。どっちつかずなのが、イマイチ。
 とはいえ、ゲームもここまでできるようになったか……という満足感はある。

 ゲームをしながら思ったのだが、単純に映画的にストーリーを見るだけのモードがあってもいいように思う。
 つまり、勝手にゲームを進めてくれるモード。
 それじゃゲームの意味がねぇよ……かもしれないが、映画的に見たい作品でもあるのだ。多重ストーリー、複数エンディングのゲーム・ムービーというのも、あっていいような気がする。

 ということで、FF XIIIのファーストインプレッションである。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア