)について、新たな謎が出てきたようだ。
 まだほんの触りの情報なので、詳しいことはわからない。続報を待ちたい。
時事ドットコム:暗黒物質と銀河の分布、一致せず=奇妙な現象発見-米加チーム

 銀河の形成には謎の暗黒物質が関与していると考えられているが、米航空宇宙局(NASA)のX線衛星「チャンドラ」や国立天文台のすばる望遠鏡(米ハワイ島)などの観測で、暗黒物質の分布と銀河の分布が一致しない奇妙な大銀河団が見つかった。NASAが20日までに発表した。
 発見したカナダ・ビクトリア大などの米加研究チームによると、この大銀河団「アベル520」は、複数の銀河団同士の衝突過程にあり、暗黒物質の分布は銀河間にあるガスと重なっているが、銀河と一致しない。未知の複雑な重力作用や暗黒物質同士の相互作用が考えられるが、現在の理論では説明できず、さらに詳しく観測するという。
▼大きめの画像は以下に。
Chandra Investigates Mysterious Cosmic ‘Train Wreck’

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn