「多くの凍死者は環境問題の犠牲者では?」の質問に、グレタさんは…

LINEで送る
Pocket

 環境活動家のグレタさんにツッコミを入れた記者に対して、返答を拒んだらしい。
 ま、すべての質問に答える必要はないものの、あしらい方が下手だなとは思った。彼女を崇拝する人たちもいるので、一種のみたいになっている。

突撃取材されるグレタさん

突撃取材されるグレタさん

 グレタさんに密着取材したドキュメンタリー(NHK BS)がある、

 この番組の中で、グレタさんがアスペルガー症候群であることが強調されている。特定のことに強いこだわりを持つ精神構造だということ。それが彼女の変動問題に対するへと駆り立てているという。

 番組中で、人々が気候変動に無関心であることについて、
「みんながアスペルガーだったらいいのに」
 というような発言をする。
 みんながアスペルガーであれば、自分と同じように気候変動に強い関心を持つはずだ、という発想なのだろう。
 しかし、これは間違いで、アスペルガーが強い関心を持つ対象は個々に違っている。ある人は電車に興味を持ち、ある人は昆虫に興味を持ち、ある人は数字(数学)に興味を持つ。

 彼女は、企業家や家の経済優先の考えかたを批判するが、金に執着する人は金に強い関心を持つアスペルガーともいえるんだ。つまりは、気候問題に執着する彼女と、金儲けに執着する人々とは、対象が違うだけで思考パターンは大同小異なんだ。
 そのことを理解できないのが、彼女の問題点だともいえる。

 気候変動問題が第1の関心事であり、なによりも優先すべき問題だと考える彼女にとって、脱・石炭・天然ガスの使用をゼロにするのが正義だ。そのために失業者や凍死者が出ても、しかたのない犠牲だと考えているのだろう。なにごとにも犠牲はつきものだと。

 温暖化で苦しむ人たちや死ぬ人たちがいるから、脱炭素にすべきだと主張する。
 脱炭素に進んでも犠牲になる人たちはいる。
 どうせ犠牲者は出るのだから、脱炭素の方がいいじゃないか。
 そういうロジックなのかもしれない。

 どっちに進んでも犠牲は出る。
 どっちの犠牲を許容するか?……という話になる。
 環境活動家は、脱炭素での犠牲をやむを得ないとしているわけだ。

 前述のドキュメンタリーの中で、グレタさんを崇拝する若者たちが出てくる。集会で演説する彼女を称える若者たちを見ていると、まるでアイドルのコンサートのようだ。
 いろんな意味で、グレタさんはアイドルでありアイコンになっている。

 もう少女ではない彼女だが、これほど人になってしまうと、もはや普通に会社員として仕事をすることなどできないだろう。今後も、活動家として生計を立てていくしかないと思われる。つまり、プロの環境活動家だ。

 茨の道かもしれないね。 

(Visited 160 times, 1 visits today)