ペリフェラル -接続された未来-|Amazon Prime Video

LINEで送る
Pocket

 ウィリアム・ギブソンの小説「The Peripheral」を原作とする、ドラマシリーズ。
 シーズン1の全8話を見た。8話目が2022年12月2日の配信だった。

ペリフェラル -接続された未来-

 ギブスン原作なので、サイバー感たっぷりのドラマになっている。
 物語上の時代設定は、2032年。現在(2022年)からは10年後の近未来だ。
 バーチャルのシミュレーションという設定で始まるが、じつは2100年の未来世界にシンクロしていることが判明する。

 これを見ていて思ったが、メタバースのイメージはコレなんだよね。
 理想的なメタバースを、疑似体験しているような感覚になる。SFドラマや映画で、未来のサイバースペースをリアルに見せてくれるから、現在のメタバースのチープさにガッカリしてしまう。

 時間軸を移動するタイムトラベルものにもなっているが、移動するのは意識だけで、未来には人体と同等のアンドロイドがあり、その中に意識が入るという設定。映画「アバター」のアバターと似たような設定だね。攻殻の擬体にも相当する。
 この物語では「ペリフェラル」と呼ばれる。

 時間テーマものだと、タイムパラドックス問題が生じるが、このドラマでは未来から過去に干渉すると、時間軸が分岐するという回避策を採っている。
 時間軸違いのパラレルワールドだ。
 分岐した世界は「スタブ」と呼ばれていた。スタブ(stub)は「切り株」の意味。

 2100年の未来世界は、人口が激減し、荒廃した世界になっている。しかし、ホログラム技術によって、見かけ上は復興した街に見せかけている。
 その荒廃した世界をもたらしたのは「ジャックポット」と呼ばれる、複合的な災厄。

 未来世界が過去に干渉するのは、ジャックポットを阻止、あるいは意図的に誘発することで、対抗する勢力争いを有利にするためだと思われる。
 その戦いに、2032年の主人公たちが巻き込まれる展開。

 なかなかスリリングなストーリーで、謎解きの面白さと、銃撃戦のアクションも見せ場だ。
 ここ最近のサイバーパンクものとしては、クオリティはかなり高い。
 シーズン1では、まだ物語は序盤。
 シーズン2の制作も予定されているとのことなのだが、確定はしていないようだ。
 このまま終わらせるにはもったいない物語なので、続編を制作してほしいものだ。

(Visited 210 times, 1 visits today)