グリフォン戦記|Amazon Prime Video

LINEで送る
Pocket

 Amazonで、2023年5月25日から配信されていた『グリフォン戦記』を見た。
 時代設定は1990年代。当時の音楽や文化を背景として、現実世界と異世界を行き来するファンタジーになっている。
 設定としてはありがちだけど、ヴォルフガング&ハイケ・ホールバイン原作のベストセラー小説らしい。
 ごめん、知らなかった(^_^)b

 シーズン1は全6話構成。

 主人公のマルクの父方の祖先は代々、秘密の書「クロニクル」を受け継いでいた。それはグリフォンというおぞましい生物が支配する“黒の塔”と呼ばれる世界に関する本だった。
 異世界の「黒の塔」には、通じる門がいくつかあり、そこを通って行き来できる。誰にも信じてもらえない異世界の話をするマルクは、サイコ(精神病)扱いされてしまう。
 マルク自身も信じていなかった異世界の話だが、やがて実在することを確信する事件が起きる。そうして徐々に黒の塔のことがわかってくる……という展開。

 まぁ、そこそこ面白いのだが、物語世界にグイグイ引き込まれるような面白さはない。
 平行世界的に現実と異世界を行き来するシチュエーションでは、「ストレンジャー・シングス」と似ているが、「ストシン」のような引き込み感はないんだよね。子供(高校生)たちが主要キャラだし、80〜90年代のロック音楽がひとつのキーワードになっている点も、ストシンに似ている。
 もどかしいというか、中途半端というか、引きが弱いというか……、いろいろと物足りなさがある。

 物足りなさを感じるのは、

  1. ストーリー展開に意外性がない
  2. キャラクターの描写が薄く、魅力的になっていない。
  3. 異世界の見せ方に工夫が乏しい。

 この3点かな。

 ストーリー展開はオーソドックスというか、予想通りの展開になっていて、1話の中での山場の山の高さが低い。つまり、あまり盛り上がらずに、淡々と話が進んでいく。なんというか、フラストレーションがたまる展開なんだ。

 主人公および主要キャラは、高校の同級生たちだが、それぞれに性格付けされたキャラがそろっているのに、それが十分に活かされていない。このへんは脚本の問題かな。若い役者の演技は、そんなに悪くない。

 黒の塔は、階層構造の閉鎖空間のようになっている。ただし、その空間はかなり広く、天井は見えるが果ての壁は見えない。
 シーズン1では下層階のひとつの世界しか出てこなかったが、階層を上がると別の世界があるようだ。それは先の話なのだろう。
 と、そんな異世界の見せ方が、わりと雑(^_^)b
 もっと異世界っぽい見せ方があると思うんだよね。ぱっと見、地球とあまり変わらない風景では、異世界への没入感はないに等しい。

グリフォン戦記の黒の塔内部

グリフォン戦記の黒の塔内部

 物語はまだ序盤なので、冒険は始まったばかり。
 この先、シーズンがどれだけ続くのかにもよるが、シーズン2をやるのなら、もっとテコ入れしないとダメだと思うよ。

(Visited 205 times, 1 visits today)