タンザナイト原石で億万長者に

私の趣味に関する小ネタ。
巨大なタンザナイトを採掘した人が、億万長者になったというニュース。
運がいいというか、そんな大物がまだ眠っていたとはね。

一夜で億万長者に タンザナイト原石を発見の鉱山労働者 – BBCニュース

タンザニアの小規模鉱山の労働者がタンザナイトの原石を2つ発見し、一夜で億万長者となった。この原石は、同国の鉱山省に240万ポンド(約3億2000万円)で売却された。

これまでに採掘された最大の原石は3.3キロだったが、今回サニニウ・ライザーさん(52)の発掘したタンザナイト原石は9.2キロと5.8キロだった。

タンザナイトはタンザニア北部でしか採掘されない、世界でも最も希少な部類に入る宝石。専門家によると、今後20年で埋蔵量のすべてが採掘されてしまう可能性があるという。

写真を見ると、とにかくデカイ(^_^)b
この値段が付いたのは、この大きさならカットしてもかなりの数の宝飾品にできるからだ。末端価格になれば、総額で10億円は超えるんじゃないか? 十分元が取れる。

タンザニアは鉱物資源を多く産出する国でもある。
宝石類は、一攫千金の夢があるから、多くの人が掘っているという。とはいえ、このように大当たりを掘り当てるのは、めったにない。

ただね、鉱物コレクターとしては、カット前提の原石にはあまり興味がない。
鉱物は結晶になるものが多いが、ナチュラルに結晶している鉱物の価値が高い。

私が持っているタンザナイトは、以下のようなもの。

タンザナイト(Tanzanite)〈タンザニア産〉

海外のオークションで入手した。
鉱物標本として出回っているタンザナイトは、分離結晶のものがほとんどで、このようにクラスター状になっているものは、かなりレア。自然の産出状態がどんなだかがわかる一品だ。

私のお気に入りのひとつ(^o^)

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア