歳とともに白髪が増えてきた(^_^;
 老化の現れでもあるが、なぜ白髪になるのか、そのメカニズムはわかっていなかったという。
 それが解明されたというニュース。

<白髪>仕組み解明…再生医療応用に期待 東京医歯大など(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

 色素幹細胞は毛根と皮膚との間にあり、黒髪のもとになる色素細胞をつくっている。年をとると、この幹細胞が減って枯渇し白髪になるが、なぜ枯渇するかはなぞだった。

 生物は年をとるとともに、遺伝子の損傷が蓄積していく。研究チームは、遺伝子の損傷を起こす放射線を浴びせ、マウスを老化と似た状態にした。色素幹細胞を調べると、幹細胞が分化し再生能力を失っていた。この結果、色素細胞が足りなくなり、白毛になるという。

 なるほど。
 原因がわかったことで、白髪を改善する薬の開発も可能になるらしい。
 白髪を染めている人も多いようだが、染めると髪や頭皮を傷めるので、抜け毛が加速されることにもなってしまう。
 また、白髪が多い人は、ハゲになりにくいともいわれる。
 白髪と抜け毛の関係も解明されるといいね。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア