自分のツイートに補足(^^)。

……と、文字数制限があるから大雑把に書いた。
私の仕事であるグラフィックデザインでは、ストックフォトやストックイラストは使う機会が多いので、経験上であったらいいなのネタの提供を。

イラストはデザインの中で、ワンポイントのアイコンや飾りとして入れる。
適当なものがなければ自分で描くこともあるのだが、自作すれば小一時間の時間を食う。その時間がもったいないからストックイラストなどを使う。
探す時間と描く時間のどっちが早いかって問題でもある。

また、自作するとデザイン料の中に込みにする場合が多いが(つまり、)、ストックイラストを使った場合は別途請求できる。ただ働きしないという点でも、ストックイラストを使った方がよかったりもする。

なお、イラストのスタイルは、リアルな描写ではなく、簡略化したシンプルな描写のスタイルとする。

学校にあるもの

理科の実験器具もこれに含まれるが、そのほかには……

教室内の備品……黒板、チョーク、黒板消し、典型的な各自の机とイス、掃除用具など。昔は、でっかい三角定規やコンパスを使う先生もいたね。最近はホワイトボードや電子黒板のところもあるようだけど。

体育の授業で使うもの……跳び箱、平均台(高さの低いもの)、床に敷くマット、ハードル走のハードル、線を引くライン引き、リレーのバトン、高跳びのバー、目印にするコーン、水泳で使うビート板、鉄棒や登り棒、など。
、バスケ、バレーボールなどの球技で使う道具は、ここには含まない。
ちなみに、私の高校時代には柔道の授業があったので、柔道着を持っていた(^^)。

学校内にあるもの……教室の入口辺りにあるクラス名や教室名表記の札、下駄箱やロッカー、トイレや水飲み場、校門、誰それの像、校舎にある大きな時計、「廊下は走るな」などの張り紙、音楽室や美術室など特化した教室の備品、など。

これらのものは、探すと意外と少ないんだよね。

季節の花

花のイラストは多いのだけど、けっこう偏っている。
たとえば、「春の花」というと、桜、梅、チューリップが圧倒的で、そのほかの花になると少なくなる。写真にはあるけど、シンプルイラストでは少ない。

桜は前に使ったし、チューリップも使った、ほかに春を感じさせる花のイラストはないのか?
……というような場合はよくある。いつも同じだとワンパターンだと思われてしまう。

春の花というと……

  • カーネーション
  • クローバー(シロツメクサ)
  • スイートピー
  • アザレア
  • ネモフィラ
  • ハナミズキ
  • マリーゴールド
  • ジャスミン
  • ラナンキュラス
  • クレマチス
  • ボタン
  • フジ
  • ポピー
  • ライラック
  • ガーベラ
  • ルピナス
  • ペチュニア
  • ツツジ
  • レンゲソウ
  • ハルジオン
  • スズラン
  • タンポポ

……などがあるわけだが、シンプルイラストで特徴をとらえたイラストは少ない。
たとえば、クローバーというと四つ葉のイラストばかりで、白い花の方を描いたものは極めて少ない。
カーネーションのイラストは多いのだが、リアル系が多く、シンプル系は少ない。小さくアイコン的に使用する場合、リアル系では細部が潰れてしまうので使えない。

花のイラストの場合は、バリエーションとして……

  1. 1輪だけ
  2. 数輪あるもの
  3. 花束になっているもの
  4. 花瓶に挿しているもの
  5. 多数群生しているようなもの

……と、こんなふうになっていると使い勝手がいい。

魚のイラスト

寿司ネタのイラストは多いのだが、元となる魚のシンプルイラストは少ない。
魚のイラストもリアル系が多く、簡略化したイラストで魚の特徴をとらえた作品は少ない。
マグロとアジでは、サイズもシルエットも違うのだが、シンプルイラストで区別できるように描くのはけっこう難しい。

スーパーでは切り身や開きで売られる魚が多く、魚の原型で区別できない人が多くなっている。漠然と魚の絵を描くと、「この魚の種類は何?」と突っ込まれてしまう。
アジの記事にコイのイラストを付けるわけにはいかないしね(^^)。

とまぁ、そんなことで。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア