スパコン関連のユニーク、かつ、役に立つニュース。
PS3スパコンを作れと書いてきたが、同じようなことをやってる研究者はいたんだね。
こういうのを見習って欲しいよ。

<スパコン>長崎大の浜田助教、3800万円で日本一の速度達成 安くても作れ、事業仕分けにも一石?(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

浜田助教らは「スパコンは高額をかけて構築するのが主流。全く逆の発想で挑戦しよう」と、ゲーム機などに使われ、秋葉原の電気街でも売られている、コンピューターグラフィックス向け中央演算処理装置(GPU)を組み合わせたスパコン製作に挑戦した。

「何度もあきらめかけた」というが、3年かけてGPU380基を並列に作動させることに成功。メーカーからの購入分だけでは足りず、実際に秋葉原でGPUを調達した。開発費は約3800万円。一般的には10億~100億円ほどかかるというから、破格の安さだ。そしてこのスパコンで、毎秒158兆回の計算ができる「演算速度日本一」を達成した。

26日の記者会見で事業仕分けについて問われた浜田助教は「計算機資源は科学技術の生命線。スパコンをたくさん持っているかどうかは国力にもつながる」と指摘。一方「高額をかける現在のやり方がいいとは言えない。このスパコンなら、同じ金額で10~100倍の計算機資源を得られる」と胸を張った。

金額的にも、私がざっくり計算したのと同じくらいだ。

頭脳とお金はこういうふうに使うんだよ……という見本だね。

批判を展開しているノーベル賞科学者たちから、こういうアイデアが出てこないというのが不思議だ。

スパコンは秋葉で作れ!(^_^)

そういう結論だね。

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn