国会記事堂前に何人集まれるか、面積から計算してみた

LINEで送る
Pocket

安保法政に反対する人々が、国会議事堂前の道路に集っているが、主催者発表で12万人、警視庁発表では3万人と、桁が違うほどの差がある。
反対派支持のマスコミは、主催者発表の多い数字を盛り込む。

日刊ゲンダイ|参加人数論争に結論 「8・30国会前デモ」は12万人だった

 8月30日の国会前デモの参加人数が物議を醸している。主催者発表の「12万人」に対し、警察発表は「3万人」と大きな差が開いていた。実際は何人だったのか。

そのときの空撮映像が以下。
“報道ステーションSunday 国会前デモの空撮出ました!!

国会前デモの空撮

国会前デモの空撮

▼以下の記事でも、人数を検証している。
安保法案反対デモの参加者数は捏造? 群衆の正確な数え方とは – withnews(ウィズニュース)

全体の空撮がないのは残念だが、だいたいの密度は見当がつく。
国家議事堂に近い方は、満員電車なみに密集しているが、少し離れるとまばらになっている。
ひとり当たりが立っていられる面積を、50cm×50cm=2500㎠=0.25㎡ と仮定する。
群衆がいる範囲を、地図上から設定して、面積を求める。
Googleマップから面積を求められる便利なサイトがある。

Google Maps 面積計算 V3
▼群衆の範囲を以下のように設定すると……

国会前デモの範囲の面積を求める

国会前デモの範囲の面積を求める



面積は、20212.1664㎡
何人入れるかを求めると……
20212.1664÷0.25=80848.6656≒8万0849人
この8万0849人という数字は、むらなく密集している場合のMAXの数字だ。
50cm四方に1人というのは、満員電車なみの密度だからね。
実際には、プラカードを振り回したり、移動したりしているので、ひとりあたり1m四方くらいのスペースは必要かと思われる。それで計算すると……
20212.1664÷1=20212.1664≒2万0212人
……となる。
つまり、2万~8万の間、ということになる。

後日のデモでは、車道に入れないように警備していたので、歩道だけにしか人は入れなかったようだ。
歩道だけで計算すると、面積は7275.634㎡となり、
(1人の専有面積が0.25㎡の場合)……2万9102人
(1人の専有面積が1㎡の場合)………7276人
……と、MAXでも2万9102人だ。

前述のwithnewsの記事では、最寄り駅の乗降客の数字から、7万人という数字をはじき出しているが、だいたいそれが妥当な数字だともいえる。
実際に人数をカウントするのは、ほぼ不可能に近いが、密集度から1人あたりの専有面積を出し、どの範囲に人々がいたかの範囲がわかれば、面積から近い数字は出せるように思う。
という、試算でした。

(Visited 20 times, 1 visits today)