【熊本地震】4月12日~18日までの日本の震源地


今、大きな地震が来たら、なにができるか?」の続き。

収まる気配のない熊本地震。
発生場所が、北東と南西に広がっている。ドミノ倒しというか、動いた断層に引きずられて、周りの断層も動いている様子。
気象庁発表の地震情報から、4月12日~18日昼までの地震をアニメーションにしてみた。

最初の震度7の地震を黄色の枠で、16日の本震をピンクの枠で囲ってある。
こうして連続で見ると、まるで脈動するように小さな地震と大きめの地震が、あるサイクルで発生しているように見える。
南西方向にさらに拡大すると、かなりやばい。原発があるというのも懸念のひとつだが、九州は活火山が多いので、噴火を刺激しそうだ。

気象庁|九州の活火山

気象庁|九州の活火山

気象庁|九州の活火山

+火山の噴火になると、ますます手におえなくなる。
収束に向かってくれればいいが、現状がさらなる災害の前兆という可能性もある。

「住みたい温泉地」というのがあっりたするが……

住みたい温泉地は? 全国61市町村の中から長野県松本市などがランクイン | マイナビニュース

住みたい温泉地は?

住みたい温泉地は?

温泉地があるところは、火山活動や地下のマグマが活発なことの恩恵でもあるのだが、地震が発生しやすいところでもある。震源となった南阿蘇村や由布市も、このマップの中にはある。

ちなみに、熊本の発生件数が多いので、そちらに目がいきがちだが、関東地方でもポツポツと発生している。それはそれで不気味な気がする。

科学は万能ではない」に続く。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア