ようやく「コロナは空気感染する」と認めるか?

LINEで送る
Pocket

私は新型コロナのが広がり始めた当初から、「空気感染している可能性がある」と書き続けてきたが、ようやくそのことを認める空気になってきたようだ。

米感染症専門家「コロナは空気感染する」 打つ手なしの日本

新型コロナウィルスは「すべての型(従来型・株)で空気感染する」。

「パンデミックになる」と世界に先駆けて警告していた専門家のエリック・フェイグルディン博士が、きょう22日の野党合同ヒアリングで、こう証言した。博士は米国科学者連盟シニア・フェローだ。

飛沫感染だけではなかったのである。ガラパゴス日本のが覆されたことになる。飲食店のアクリル板は気慰みにもならない、ということだ。

エリック博士から証言を引き出した亀井亜紀子議員(立憲)は「驚いてめまいがした」と感想を明かした。

私は何度もくどいくらい言い続けてきたが、空気感染を前提にした対策を考えないと、やってることが無駄なだけで、対策にはならない。

先日、でマスク飲食をしていたのに感染してしまった、という人のインタビューがあった。
店に滞在したのは1時間程度だったというが、それでも感染したのは空気感染の疑いが強い事例だ。

そもそも空気感染していれば、マスクはほぼ役立たずなので、見かけ倒しだ。
マスクの種類がウレタンおよび布マスクであれば、実験でも明らかなように予防効果はゼロ
ウレタン・布マスクの着用者は約3割いるので、じつはマスクなしの人たちが3割いるのと同じ。こんな状態で感染対策になるわけがない。

NHKスペシャルの「看護師たちの限界線〜密着 新型コロナ集中治療室〜」で、集中治療室で奮闘する看護師をしていたが、彼らが装備しているマスクは空気感染を想定したと思われる、重装備になっていた。

▼重装備のフルフェイスマスク
「看護師たちの限界線〜密着 新型コロナ集中治療室〜」

マスクは重さが1kgあまりあるという。
このくらいの装備をしないと、空気感染には対処できないということ。

そして、空気感染していれば、もっとも感染ルートとして疑われるのは電車なのだ。
朝の通勤ラッシュ時の満員電車は、コロナ以前の状態に戻っている。乗車率は200%を超えているだろう。
数日前に、駅で人身事故があり、大幅に遅れが出て、混雑がさらに増した。電車に乗りきれない人たちがあふれ、乗車率はミチミチのすし詰めだった。前後左右の人に押しつぶされるほどの満員電車の中で、感染者がいれば感染しない方がおかしい。空気感染するということは、咳をしていなくても、呼気にウイルスが含まれる状態でもある。

日本の専門家たちは、なぜか満員電車をスルーするのだが、クラスターがしていないのではなく感染ルートとして追跡できていないだけ。
飲食店と違って、何線の、何日の何時何分の、何号車の、座席位置はどこ……と特定し、そこに同乗していた人たちを特定できなければ、感染ルートとしても特定できない。現状、その追跡は不可能である。

空気感染を前提とすれば、いまやっている対策が、いかに無駄で無意味かがわかるというもの。
私たちは効果が期待できないことにをすり減らし、無駄金を使っているんだ。
みんな、いいかげんにから目覚めよう!

(Visited 29 times, 1 visits today)