尾を引くポテサラ問題

尾を引くポテサラ問題

「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」の「ポテサラじいさん」の話題は、裾野が広がって、まだ尾を引いている様子。この調子だと、「ポテサラじいさん」は流行語大賞の候補になりそう(^o^)

そのポテサラ問題の続編記事。

唐揚げ、ポテサラは簡単じゃない!働く女性の本気手抜きメニューとは~その1~ – Suits woman / スーツウーマン | 働く堅実女子のリアル応援サイト

以降、夫の「ポテサラじいさん予備軍」発言についてのツイートも多くされるようになりました。その中で登場したのが「冷凍餃子は手抜き」ツイートです。これは、食卓に出された餃子を「おいしい!」とかわいく喜んだ息子に、夫が「手抜き。冷凍餃子だからね」と嫌味を言ったという内容。

(中略)

それをテレビのニュースバラエティー番組が取り上げ、「手抜き料理といえば?」という街頭インタビューで飛び出したのが「唐揚げ」です。「油で揚げるだけだから」「ジャンクフードだから」という追いコメントに、人のために料理を作っている、主に女性たちが 「唐揚げが手抜きだとぅ?」とこめかみをヒクつかせ、発言した男性への非難にまで発展していますが、筆者はこの男性に罪はないと思います。

“料理警察”のアホさ加減」で書いたが、わが家の料理はすべて夫である私が作る(^_^)
作る立場からいえば……

餃子は作るのが面倒だね。
材料の数は多いし、下準備からの作る工程がいろいろとあり、完成までの手間と時間がかかる。しかも、苦労して作った餃子の味が美味しいという保証はない。自分で作る料理で、同じメニューであっても、作るたびに味は微妙に変わる。基本として計量はするのだが、それでもうまくできるときとそうでないときがある。失敗したときは、我ながらガッカリするよ。

その点、完成品の冷蔵・冷凍食品の餃子の方が間違いなく美味しいし、コスパもいい。名店のレシピを踏襲した冷凍食品であれば、それを超える餃子を作ることは、ほぼ不可能。そんな悪あがきをするより、素直に冷凍食品を美味しくいただく方が、胃袋にも財布にも精神的にもやさしい。

唐揚げが手抜きだって!?
どこが?

それこそ自分で作ったことがないヤツの言い分だな。
そんな男とは結婚しようとか思うな、女性諸君。

唐揚げを始めとして、揚げ物はうちではあまり作らない。
唐揚げ専門店があちこちにあるし、弁当屋のオリジンの唐揚げは、種類も豊富でけっこう美味い。美味い唐揚げがお手軽価格で買えるのに、なぜわざわざ自宅で唐揚げを作る必要があるのか。

揚げ物は自分で作るにはコスパが悪い。
揚げるための油を大量に使うので、1回の揚げ物で油は捨てなくてはいけない。使い回すと酸化して不味くなるからね。揚げ物の油をそのまま捨てるわけにはいかないので、固めるテンプルなどでゴミとして出せる処理をしないといけない問題もある。

美味しい天ぷらを食べたいなら、天ぷら屋に行く。
美味しいトンカツを食べたいなら、トンカツ屋に行く。
美味しい唐揚げを食べたいなら、唐揚げ専門店に行く。
それがベストである。

それでも、ときどきは唐揚げを自分で作ることはある。
妻が私の唐揚げを食べたいというからだ。わが家流の味付けなので、買ってくる唐揚げとは違うのがいいらしい。でも、作るのは面倒なので、数ヶ月に一度くらいの頻度。

おやつも私が作っている。
妻が作って欲しいといったのは、今川焼き(大判焼きともいう)。私の田舎では回転焼きと呼んでいたが。

そのために、丸い型のプレートとそれ用の粉を購入し、餡子は缶詰で代用し、休みの日に作ってあげる。作ってはあげるが、専門店(御座候など)で作ってもらう方が絶対に美味しい(^_^)b
なのだが、私に作ってもらいたいらしい。

前にも書いたように思うが、男女平等といわれるようになって久しいのにもかかわらず、いまだに「料理は妻(女性)」という昭和初期感覚を、いいかげん変えろよ。
私も昭和世代ではあるが、男でも料理はする。
今どきの若い世代(30歳以下)は、平成世代だろう。
男女に関係なく、基本的な料理くらいした方がいい。
自炊をできるようにしておくのは、もしものときの危機管理能力でもある。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア