前日のエントリにも関係するが。
 ソニーが新しいTabletを発表した。

米ソニー、タブレット「Tablet S」を9月発売 499ドルから – ITmedia ガジェット

 米Sony Electronicsは8月31日、同社初のタブレット「 Tablet S」「同P」の発売時期を明らかにした。

 Tablet Sは9月、Tablet Pは年内に米国で発売の予定。いずれもAndroidとNVIDIA Tegra 2プロセッサ、前面と背面にカメラを搭載し、動画の撮影も可能。microUSBとSDカードをサポートする。

 う~む……、これが成功する要素を見つけられない。
 後発の後発で、しかも目新しいものはあまりない。どう見たって、iPadありきの製品だ。
 なぜ、Appleより先に、これを出せなかったか?
 そこが問題。
 ネーミングからして、新しさがない。
 かつて「Walkman」という革新的な名前と製品を出したソニーは、どこに行ってしまったんだろう?

 結局、根幹のOSとCPUはアメリカ製。
 今から作るのは無理というか、遅すぎるからありものを使うしかない。
 だが、よく考えてみてくれ。
 プレイステーションで成功をおさめたのは、根幹のシステムとハードをソニーが握っていたからだ。ゲーム機もPS3以降は苦戦しているが、それでも心臓部はソニーの自前なのだ。そのことはわかっているだろうに、Tabletでは心臓を他社に依存してしまっている。
 いっそのこと、PS3のシステムとハードでTabletを作るという大胆さがほしかった。
 それがあったなら、「さすがソニー」という評価にもなっただろうに。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア