……は、いずれ買う。
 すぐには買わないのは、買うための金銭的余裕がないからだ(^_^;
 安月給だから、趣味に使える額は少ない。
 少ないといいつつも、けっこうつぎ込んでいる。
 総支出に対する食費の割合を「エンゲル係数」というが、うちは食費ギリギリまで切り詰めているから、エンゲル係数は小さい。
 エンゲル係数に対して、「(教養)娯楽係数」というのがあるらしい。趣味に限っていえば「エンタ係数」とでもいったほうがいいか。
 エンタ係数は高い(^_^)。

 エンゲル係数の平均はどのくらいかというと……

統計局ホームページ/第2章 家計から分かる暮らしの特徴

エンゲル係数は23.2%

 ……となっている。
 うちの場合、計算してみると、14.3%だった。
 エンゲル係数が低いと、生活が豊か……なのらしいが、それはうちには当てはまらない。なぜなら、食費を切り詰めて、平日は1日1食500円の生活をしているからだ。これは限界まで食費を削減しているからに過ぎない。

 一方、同記事によれば「通信及び教養娯楽」は、平均で14.6%だという。
 通信費も含めるということは、電話代、ケータイ代、ケーブルテレビの受信料、ネットの接続料も含めることになる。
 それに、本、CD、……等々を加えて計算すると……
 うちは、20%くらいになる。
 やっぱり、多い(^_^;
 とはいえ、収入自体が少ないので、金額としては小さい。
 iPadを買うには、どこを削るか……が悩みどころ。

 と、iPad関連の記事で面白いのがあった。

私がiPadを買うべきでない理由:日経ビジネスオンライン

 昔はこうではなかった。
 昭和の時代の人間は、恋人と二週間連絡が取れなくても慌てなかった。
 待ち合わせの場所に二時間遅れで駆けつけてみると、待ちくたびれた仲間が路上でトランプをやっていたりした。
「悪い悪い」
「おお、お前も入れ。いまちょうどシナダが大貧民に落ちたところだ」
 こういうことは現在では考えられない。

 そうなんだよね(^^)。
 私はそれほどガジェット中毒ではなく、ケータイにかじりつくようなことはないが、……というかMacがないと、仕事も趣味もできないのは確か。

 前にも書いたような気がするが、ケータイなどなかった頃の話。
 うちの彼女と結婚する前、恋人時代には待ち合わせは、かなりアバウトだったね。
 30分~1時間くらい待つのは、よくあることだった。
 連絡の付けようがないから、待つしかなかったのだ。
 また、約束なんかしていないのに、彼女が待っていることもあった。

 私がフリーランスで仕事をしているときは、某編集部との打ち合わせに新宿から一駅先の初台に、夕方によく行っていた。
 時間はだいたい決まっていたから、私が何時くらいに新宿駅を通るか、彼女は見当がついていたのだ。
 ある日のこと、打ち合わせを終えて帰途につき、初台から新宿駅で乗り換えのために地下通路を歩いていると……

 改札を出たところに、彼女がいた。

 彼女は会社帰りで、私を待っていたのだ。
 ケータイなんてないから、連絡はつけられないし、私は彼女がそこにいるなんて思わなかった。
 それでも、ちゃんと会えたから不思議だ(^^)。
「気がつかずに、通り過ぎたらどうするつもりだったんだよ?」
「でも、会えたもん」
 彼女は、会うのが当然とばかりにいった。
 まぁ、私は背が高くて目立つし、彼女も目立つ方(胸が大きいから(^^))だったから、ポツンとひとりでいれば、気がつく可能性は高い。
 そうはいっても、待ちぼうけになる可能性だってあったのだ。

 ある時は、別の編集部に立ち寄ってから帰るときに、新大久保駅で乗った電車に、なんと彼女が乗っていた。
 申し合わせたように、同じ車両の、同じ扉の近くだ。
 彼女はオレのアパートに向かっている途中だった。
 このときも約束はなく、そのとき互いがどこにいるかなんて、知りようがなかった。
 それでも会ってしまうから不思議だ。
 私が数分遅く駅に行けばすれ違っていたし、別の車両に乗れば、やっぱりすれ違っていたはずだ。
 彼女とは、そういう縁にあるんだなー……と、思ったものである(^^)。

 ケータイを持つようになって、そうした偶然の巡りあわせというのは少なくなった。
 行き違いがなくて便利ではあるが、もしかしたら彼女が待っているかも……といった、ワクワク感がなくなったのは残念な気がする。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア