猫の名前ランキング

人の名前に流行り廃りがあるように、猫の名前にも流行がある。
2015年の猫の名前ランキングが発表された。
というのも、2月22日は「猫の日」だからだ(^_^)。

猫の名前は「ソラ」が4連覇 セラムン効果か「ルナ」も人気上昇 |最新トレンド&カルチャーニュース|eltha

ペット保険のアニコム損害保険は17日、2月22日の「猫の日」に先駆け、『猫の名前ランキング 』2015年版を発表した。男の子部門、女の子部門を合計した総合1位には12年から1位に君臨している【ソラ】が今年もランクイン。女の子部門では作品20周年プロジェクトが行われ近年人気が再燃しているアニメ『美少女戦士セーラームーン』の主人公・月野うさぎの飼い猫の名前【ルナ】が、昨年の10位から2位に急上昇している。

▼そのランキングの詳しいリスト。

猫の名前ランキング2015・猫の人気品種ランキング2015(猫の日特集) | 特集 | ペット保険の加入は「アニコム損害保険株式会社」

猫の名前ランキング2015総合

猫の名前ランキング2015総合


猫の名前ランキング2015男の子

猫の名前ランキング2015男の子


猫の名前ランキング2015女の子

猫の名前ランキング2015女の子

うちにいる7頭の猫は、この名前リストの中では1頭だけ該当する。
歳の順に紹介しよう。

▼ナナ(♂)
女の子の名前としてランクインしているが、うちのナナは男の子。うちに7番目に来たから「ナナ」という安直なネーミング(^_^)。そのナナも、先輩猫たちが他界して、今では一番年上になってしまった。

ナナ

ナナ



▼ラピ(♀)
うちの近所で迷い猫として保護して、飼い主を捜すも見つからず、そのままうちの猫になった。名前の由来は、好きな石のラピスラズリのラピである。

ラピ

ラピ



▼テンテン(♂)
うちに10番目に来たから、10のTenから、テンテン。「うる星やつら」のテンテンではない。一番小柄だが、一番やんちゃな子。あだ名は「悪ぼうず」

テンテン

テンテン



▼グミ(♀)
猫ボランティアの人が保護していた猫だが、人になついていなくて、性格が荒く里親募集に出せなかったそうだ。警戒心が強く、人に対して恐怖心があったのだと思う。
手を焼く猫だったが、うちにホームステイとして来て、そのままいついてしまった。当初は、ことあるごとに引っかかれて、私の手足が傷だらけになったものだ。しかし、今ではデロデロに甘える猫になった。いまだに抱っこはさせてくれないが、引っかくことはなくなった。

グミ

グミ



▼クロ(♂)
里親会でもらってきた猫。うちの猫の初代である「Bチャン」に顔が似ているというのが、もらった理由。来たときは、ガリガリに痩せていたのに、今ではまるまると太っている。
黒猫だからクロなのだが、クロというの名前にすぐさま反応したので、以前、誰かに飼われていたときもクロと呼ばれていたのではないかと推測している。
メインクーン系の洋猫の血が混じっているようで、長毛である。

クロ

クロ



▼ジジ(♂)
妻が捕獲してきた猫。とても臆病な猫で、家の中でも家庭内野良をしている。猫同士の力関係でも、一番弱い立場にある。抱っこはおろか、めったに触ることもできない猫。それでも、わが家の一員である。
「魔女の宅急便」に出で来る黒猫のジジとは関係なく、小さい頃から爺臭かったのでジジになった。

ジジ

ジジ



▼カール(♂)
大量の捨て猫事件があり、SNSで里親募集していたのを知り、三浦半島の衣笠まで引き取りに行った。数十頭の猫が、段ボール箱に詰め込まれていたそうである。
詳しい経緯は以下に。
また新しい家族(猫)が加わった

カール

カール



というわけで、これがうちの子たちだ。
こいつらと、寝食をともにし、日々生きている。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア