次世代のウェアラブルガジェットとして、時計型、メガネ型と出てきているが、新たに「指輪型」の登場。
 これは面白いかも。

魔法の指輪だよこれは…。日本発の未来的なウェアラブルガジェット「Ring」。 : ギズモード・ジャパン

指輪型のウェアラブルガジェット「Ring」は、「Shortcut Everything」するというコンセプトを元に開発されています。つまり、あらゆるコミュニケーションや、コントロールを指のジェスチャーだけで完結できるようにするというもの。

▼その動画。

 時計型とメガネ型はディスプレイを備えるが、指輪型はディスプレイ表示するデバイスではなく、ジェスチャだけで操作するところが斬新。
 どちらかというと、マウスやペンタブレットの延長線にある、操作ツール系デバイスになりそうだ。
 リング単体では情報表示はできないから、連携できる他の機器が必要になる。
 操作することだけに特化して、割り切っているところが、逆のいいように思う。
 平たくいえば、リモコンを指輪にしたようなものかな。

 連携できる機器がないと、まったく意味がないわけだが、Wi-Fiのリモコンで操作できるものは、その信号を発してやればいいわけで、リングに搭載されるアプリケーションで簡単に解決できそうだ。

 日本発ということで、こういうのが世界的にヒットすると、ますます面白くなる。
 応援したいね。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア