iWatchではなくApple Watchだった…でも…

日本時間で深夜からのAppleの発表会。一部のマニアは盛り上がっていた模様。
事前のリーク情報からそれほどはずれることなく、新しいiPhoneと腕時計型ウェアラブルデバイスが発表された。

期待しすぎなのかもしれないが、なんだか普通のメーカーの普通の新製品発表会になったなー……というのが正直な印象。

Apple、iPhoneと連携するウェアラブルデバイス「Apple Watch」を発表 – ITmedia Mobile

 米Appleは9月9日(現地時間)、新製品発表会でiPhoneと連携する腕時計型ウェアラブルデバイス「Apple Watch」を発表した。発売は2015年初頭で、価格は349ドルから。ラインアップは、筐体部分がステンレス合金素材のApple Watch、アルミニウム素材の「Apple Watch Sport」、18金素材の「Apple Watch Edition」の3種で、交換可能なバンドを複数用意する。サイズは2種類。

Apple Watchは、タッチ操作が可能な四角形の曲面Retineディスプレイを搭載するヘルス&フィットネスデバイスだ。ディスプレイに触覚フィードバックを採用したほか、LEDライトとフォトセンサー、ジャイロセンサー、加速度計も搭載。S1プロセッサを採用している。Siriのような音声入力システムも内蔵した。

リーク情報と大きく違っていたのは、製品の名前。

Apple Watch

んんんん~~………(v_v)
感動がない。萌えない。つまんない……

なんで、iWatchあるいはiTimeにしなかったのだろう?
商標の絡みかもしれないが、iPhoneのときには他社が商標を持っていても、強引に商標を買い取りに行ったではないか。
名前は重要だよ。

名は体を表す

iPodがヒットしたのは、名前がiPodだったからというのが、大きな要因のひとつだと思う。新鮮な名前に、多くの人が興味を引いたのだ。
もしかり。
なんでも「 i 」をつければいいってもんじゃないが、それがAppleのイメージ戦略に一役買っていたことも事実。
Appleは「 i 」シリーズから卒業したのか?
ある意味、「 i 」シリーズはジョブズのイメージでもあった。それとの決別のような気もする。

Apple Watchのデザインはというと……

Apple – Apple Watch – デザイン

Apple Watch

Apple Watch

微妙~(^^;)
細部の作りはともかく、イメージとしては他社のスマートウォッチと大同小異。
Appleらしい萌えるイメージが乏しい。

正直、ガッカリ。
技術的な制約に縛られた感じで、これしかないのか?と思ってしまう。時計はファッション的に身につけるものだが、時計としての魅力に欠ける。そこそこ売れはするのだろうけど、革新的とはほど遠い。
デザイン的に男性向きという感じで、女性が着けたくなるようなデザインではないね。ウェアラブルデバイス市場の活性化を期待されていたようだけど、これでは「???」である。

iWatchではなく、なぜApple Watchだったのか?
もしかしたら、これは本命の時計型ウェアラブルデバイスではないのか?
成否の鍵は、名前が物語っているような気がしてならない。

【関連の過去記事】
iWatchもしくは腕時計型デバイス

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア